ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

m-floが日本の音楽シーンに定着させたスタイルとは

m-floが日本の音楽シーンに定着させたスタイルとは
J-WAVEで放送中の番組「SONAR MUSIC」(ナビゲーター:藤田琢己)。3月7日(水)のオンエアではLicaxxxとのコンビでお届け。ここでは週替わりで1組のアーティストを4日間かけて掘り下げていく「FEATURE TOPICS」のコーナーを紹介します。この週にピックアップしたのはm-floです。

■ボーカルの脱退をどう乗り越えたか?

m-floは今年、デビューから20周年というアニバーサリーイヤー。☆Taku Takahashi 、VERBAL、LISAのオリジナルメンバーで活動を再開し、話題を呼んでいます。月曜・火曜の2日間ではデビューから、2002年のLISA脱退までの歴史を振り返り、3日目となる水曜はボーカル脱退という大ピンチを取り上げました。

LISAの脱退後、およそ1年半の沈黙を経て、ベストアルバムのリリースで活動を再開。ボーカルを誰がつとめるのか注目を集め、「新人を発掘?」「既存のアーティストが加入?」とさまざまな予想が飛び交う中、ボーカルにCrystal Kayを迎えた「REEEWIND!」を発表しました。

m-floはここから固定ボーカルを置かずに、“Lovesシリーズ”という楽曲ごとに異なるボーカルをフィーチャーしていくスタイルになります。

Licaxxx:時代に合っていましたね。小室さんがいて安室ちゃんがいて、みたいな時代だったじゃないですか。そういうのを受けて、この女子フィーチャリング。

当時はフィーチャリングの文化がそこまでメジャーではなかったため、VERBALさんが“Lovesシリーズ”を発案したときは、スタッフでさえ反応がイマイチ。VERBALさんは企画書を作成、プレゼンで説得したそうです。

■「フィーチャリング」の結果は…大成功!

このスタイルで2005年8月にリリースしたアルバム「BEAT SPACE NINE」はオリコンチャートで最高位1位を記録。初の日本武道館でライブも行いました。さらにその年、フィーチャリングした和田アキ子さんから「紅白出る?」というオファーを受け、「m-flo loves Akiko Wada」として紅白歌合戦に初出場を果たしました。

Lovesシリーズでは、安室奈美恵や和田アキ子というビッグアーティストだけでなく、若手をいち早く起用したのですが、その中には火曜のナビゲーター、DAOKOの名前も。

このLovesシリーズは2007年にリリースしたアルバム「COSMICOLOR」にて終了。総計41組ものアーティストとコラボレーションしました。日本にフィーチャリングの文化を定着させたと言っても過言ではないのです。

「FEATURE TOPICS」のm-flo特集は、radikoで聴くことができます。ぜひチェックを。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SONAR MUSIC」
放送日時:月・火・水・木曜 21時−24時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。