ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【レポート】「京王あそびの森 HUGHUG」に行ってきた!

さらに奥にあるのは「もりのあそびば」。約4万5000個にも及ぶ大型ボールプールや、多摩産材で造られた大型複合遊具では子供たちが元気いっぱいに遊んでいた。

大きなすべり台は順番待ち。

そしてなんと、ボルダリングができるウォールまで!さらに、外の「ぼうけんのもり」ではターザンロープやブランコなども設置されており、「体育」というコンセプトの意気込みが感じられる。

2階にあがるとミニSL「ハグハグトレイン くものえき」があり、フロアをぐるりと周回できる。

途中にある鉄橋やトンネルは、鉄道会社らしい本格的な造りとなっている。


「おひさまラボ」では、子供が自分で考えて遊べるおもちゃやワークショップが楽しめる。


そして2階の目玉となるのは「HUGHUG CAFE(ハグハグカフェ)」だ。120席ある開放的なカフェは小上がり席やキッズスペースもあり、家族でゆったりと食事を楽しむことができる。誕生日会やママ会ができる個室やテラス席も用意されている。カフェのみの利用も可能なので、多摩動物公園の帰りに立ち寄ることもできる。

見学している際に出会ったのが、公式キャラクターの「ハグー」。施設内には、多摩の森にすむ動物などをモチーフとした妖精全10種類「ハグーと仲間たち」がいっぱい。ギフトショップ「HUGHUG SHOP」にはキャラクターグッズも販売されている。丸みを帯びたフォルムの「ハグー」がとにかく可愛くて、大人でも抱きつきたくなるほど。たまらない。

営業時間は施設により異なる。遊戯施設は9:30~17:30(最終入館は17:00)。カフェは10:00~17:30(ラストオーダーは17:00)。ショップは9:00~18:00となっている。定休日は毎週水曜と年末年始(12月29日~1月1日)。水曜日が祝日の場合は翌日となる。

オープン日の3月13日(火)には、開業記念イベントも開催。ハグーや京王グループのキャラクターが集合するオープニングセレモニーが行われるほか、入館した子供はハグーのオリジナルキーホルダーがもらえる(先着3000名)。


また、3月上旬からは、京王動物園線を走行する7000系車両と京王線高幡不動駅の一部を、多摩動物公園エリアにある各施設のキャラクターで装飾するというから見逃せない。

大人も子供も楽しめる「京王あそびの森 HUGHUG」。ぜひ遊びに行ってみて!

前のページ 1 2
ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。