ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『レディ・プレイヤー1』の新しいポスターに不満の声続出

『レディ・プレイヤー1』の新しいポスターに不満の声続出

アーネスト・クライン原作、スティーブン・スピルバーグ監督による映画『レディ・プレイヤー1』が3月29日に全米で、4月20日に日本で公開される。しかし、公開前から不満を訴えている人が多くいる。そもそも原作が好きではないという人から新しいポスターに文句を付けたいという人まで、その理由は様々のようだ。新しいポスターに関しては、6日(現地時間)に公開されて以降、不満がツイッターに続々と挙がっている。

ポスターのデザインはすべてエンタメ情報サイト『/FILM』で見ることができる。ポスターは『バック・トゥ・ザ・フューチャー』、『アイアン・ジャイアント』、『ランボー』、『ブレックファスト・クラブ』、『ロストボーイ』、『ビートルジュース』、『ブレードランナー』、『グーニーズ』、『卒業白書』といったポスターに本作のキャラクターをデジタル加工した、往年の名作に対する「オマージュ」となっている。

/FILMを含め、ポスターを評価しているファンもいるが、『レディ・プレイヤー1』の名前は皮肉にも一部のユーザーによるポスターへの不満でトレンド入りすることとなった。

These Ready Player One posters are a form of assault, I’m pressing chargeshttps://t.co/Xf5ySNOMsZpic.twitter.com/9mzRU8tzuK
– Tristan Cooper (@TristanACooper) 2018年3月6日

「『レディ・プレイヤー1』のポスター、どれも神経を逆なでする。訴えてやりたい」

Guess I shouldn’t even admit that I think those Ready Player One spoof posters are kinda cool. Fun, harmless marketing.

Just generally exhausted with how much we all hate everything. pic.twitter.com/N9BPKapHyh
– John Squires (@FreddyInSpace) 2018年3月6日

「『レディ・プレイヤー1』のパロディ風ポスター、カッコいいと認めちゃいけない雰囲気だけど、ポスターとして面白いじゃないか。只々みんなの罵詈雑言ばかりで、ウンザリするよ」

『レディ・プレイヤー1』の作品自体がひどいのかどうかはわからないが、John Squires氏の指摘はごもっともだ。憎しみや皮肉の文言というのは、読んでいて気持ちのいいものではない。映画のあらすじは、以下の予告編をどうぞ。

https://www.youtube.com/watch?v=lT1OMfdz_5Q

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

『アナと雪の女王』続編でエルサに彼女が出来るという噂について監督が言及「話し合いを重ねている」
とってもキュート!実写版『くまのプーさん』の予告編が初公開
【第90回アカデミー賞授賞式】メリル・ストリープが自身のミームを無意識に再現してしまい話題に
【第90回アカデミー賞授賞式】発表ミスの対策として封筒を一新するも、早速ツイッターでネタに
【第90回アカデミー賞授賞式】スピーチが最も短かった受賞者にジェットスキーを贈呈!?

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy