ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

気鋭のレーベル“epistroph”より安藤康平ソロプロジェクト・MELRAWのセッション動画が公開

気鋭のレーベル“epistroph”より安藤康平ソロプロジェクト・MELRAWのセッション動画が公開

 WONK擁するレーベル“epistroph”より、MELRAWのセッション動画が公開された。

MELRAW セッション動画

 安藤康平はWONKのサポートメンバーとしても知られており、2017年12月にはepistrophからソロプロジェクト<MELRAW>名義で『Pilgrim』をリリース。今回、ジャズ・ベーシスト古木佳祐、STMWLLことWONKの井上幹を迎え、【epistroph session】としてRedbull Studio Tokyoにてワンカットのセッションが行われ、MELRAWが当企画のために書き下ろした新曲が披露されている。

 サックスのみならずフルート/ギター/シンセサイザー/MPC等を縦横無尽に操るマルチ・インストゥルメンタリストとしても注目を集める安藤は、今回のセッション動画においてもギター、シンセサイザー、サックス、そしてEWIを介したボコーダーまでも披露しその多才ぶりを遺憾なく発揮。井上はゲームコントローラーなども駆使しながらソリッドなビートを生み出し、盟友古木も時にはシンセサイザー、キーボードも使い分けながらインプロビゼーショナルなベースで華を添え、3人という少人数とは思えない程に約10分間で目まぐるしく曲が展開していく様はまさに圧巻だ。

 また、MELRAWは3月11日に東京のO-nest、3月22日には大阪のCONPASSにて、Yogee New WavesやKANDYTOWNなどのレコーディングに参加し、Ryohuのプロデュースも務めるなどマルチな活躍を見せる河原太朗のソロ・プロジェクト=TENDREとの共同レコ発も開催する。早くもソールドアウトとなった東京公演には『Pilgrim』でフィーチャーした吉田沙良とRyohuがゲスト出演することも発表されている。

◎MELRAW×STMWLL×Keisuke Furuki『The Subconscious (epistroph Session)』:
https://youtu.be/MT-zzV4xRNo

◎ライブ情報
【TENDRE × MELRAW】
2018年3月11日(日)
東京・渋谷O-NEST
Open 18:00 / Start 19:00
※SOLD OUT

2018年3月22日(木)
大阪・CONPASS
Open 18:30 / Start 19:00

関連記事リンク(外部サイト)

jan and naomi、MELRAW、Sweet Williamら出演、3/8 テン年代のシーンを賑わすイベント開催
唾奇×WONK荒田洸のコラボ曲「七日後」沖縄で撮影され“互いに溶け込みあった”MV公開
WONK×The Love Experiment 【”BINARY” TOUR】新たな「音楽」が生まれていく瞬間

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。