ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

デッドマウス、生オーケストラと一夜限りのコンサート開催 TIDAL限定でアルバムも

デッドマウス、生オーケストラと一夜限りのコンサート開催 TIDAL限定でアルバムも

 近年エレクトロ・ミュージックのプロデューサーが生オーケストラとタッグを組むのが流行りのようで、アバヴ&ビヨンドやピート・トングがそれぞれアコースティック・ライブを開催しているが、今度はカナダ人DJ/プロデューサーのデッドマウスが自身の映画的で革新的なハウス/テクノ・サウンドをクラシック音楽に改曲する。

デッドマウス ティーザー映像

 デッドマウスは映画音楽の作曲家であるGregory Reveretとコラボレーションし、TIDAL Xの協力の元、生オーケストラによる一夜限りのアコースティック・ライブを開催する。フランス出身のReveretは映画『デッドプール』や『ジャスティス・リーグ』のスコアで知られ、今回デッドマウスの楽曲を実際にオーケストラの楽器で演奏できるよう編曲作業に協力した。

 2018年4月1日に開催されるコンサートでは、デッドマウスが2014年にリリースした、七つの大罪が題材で7曲入りの『7』が披露される。“where’s the drop?” (ドロップはどこ?)と題されたこの一夜限りのライブは全年齢が対象だ。

 コンサートの模様はTIDAL Xで配信される他、3月30日にデッドマウスの楽曲のオーケストラ・バージョンが17曲入ったアルバムがTIDAL限定でリリースされる。

◎ティーザー映像
https://www.facebook.com/mau5trap/videos/1646825885353421/

関連記事リンク(外部サイト)

【EDC Mexico 2018】にデッドマウス/ゼッド/マシュメロらの出演決定
デッドマウス、ニュー・アルバムを制作中と発言
デッドマウスが結婚、お相手は不動産販売員の恋人

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。