ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

小室哲哉、引退発表後に3冠達成!

2018年1月に衝撃的な引退発表をした小室哲哉が、先日発表された東京スポーツエンタテインメント大賞 功労賞に続き、ギネス世界記録(R)とCDショップ大賞 リビジデット賞に選ばれたことが分かった。
TM NETWORK (okmusic UP's)

2017年4月にTM NETWORKのシングル「GET WILD」が30周年を迎えたことを記念し、同曲のみ36バージョンを収録したアルバム『GET WILD SONG MAFIA』が、“トップ100にチャートインしたCDアルバムに収録された同じ曲のバージョン・リミックスの最多数”という記録でギネス世界記録に認定された。

正式認定記録文は“The most versions/remixes of one track on a top 100 CD album is 36, achieved by Tetsuya Komuro (Japan) with all versions/remixes of the song Get Wild appearing on the album Get Wild Song Mafia, released on 5 April 2017 in Japan.”、“オリジナル「Get Wild」(1987年4月8日発売)から、30年という年月をかけて完成した『GET WILD SONG MAFIA』。世界を見渡しても類を見ないこの企画性はまさにTM NETWORKそして「GET WILD」だからこそ成しえた記録と言える。認定数値:36曲 認定日:2017年4月5日”となる。

さらに、本日CDショップ定員が選出する「第10回CDショップ大賞2018」でも、『GET WILD SONG MAFIA』が部門賞のリビジテッド賞に選ばれた。これまでSUGAR BABE『SONGS-40th Anniversary Ultimate Edition-』やASIAN KUNG-FU GENERATION『ソルファ』など名盤の再発盤がこのリビジテッド賞に選ばれてきたが、2018年は“聴けば誰もが知っている!? 大ヒット曲「GET WILD」がまさかの36曲!? びっくりした方も多いはず! 聴けばわかります。どの曲も「GET WILD」だけど、全部新曲、全部初めて聴いた時のドキドキ感があります!(本の王国安城店/柳 美穂子)※”という理由などから『GET WILD SONG MAFIA』が受賞することとなった。

2017年の本アルバムリリース後も、石野卓球(電気グルーヴ)が新たなリミックス“Full Acid Remix”を発表したり、宇都宮隆が「GET WILD PANDEMIC」を発表するなど、まだまだバージョンが増え続けている。そんな小室哲哉の手掛けた代表曲のひとつでもある「GET WILD」が今回のように時代や世代を超え、記録や評価を得ている事実からも彼の創った楽曲は色褪せない証拠と言えそうだ。

※コメントはhttp://www.cdshop-kumiai.jp/から抜粋
アルバム『GET WILD SONG MAFIA』/TM NETWORK
発売中

【4CDアルバム】

¥3,000(税抜き)

<収録曲>

■DISC1

M1: Get Wild

M2: Get Wild (“FANKS CRY-MAX” Version)[1987/6/24 日本武道館]

M3: GET WILD ’89

M4: Get Wild (“CAROL TOUR FINAL CAMP FANKS!! ’89” Version)[1989/8/30 横浜アリーナ]

M5: Get Wild (“RHYTHM RED TMN TOUR” Version)[1991/2/22 仙台イズミティ21]

M6: Get Wild (“tour TMN EXPO ARENA FINAL” Version)[1992/4/12 横浜アリーナ]

M7: Get Wild (techno overdub mix)

M8: GET WILD ’89 (“TMN final live LAST GROOVE 5.18″ Version)[1994/5/18 東京ドーム]

M9: GET WILD DECADE RUN

M10: GET WILD (“LIVE EPIC25″ Version)[2003/2/23 国立代々木競技場第一体育館]

■DISC2

M1: Get Wild (“DOUBLE-DECADE “NETWORK”” Version)[2004/4/21 横浜アリーナ]

M2: Get Wild (“DOUBLE-DECADE TOUR FINAL “NETWORK”” Version)[2004/6/24 日本武道館]

M3: Get Wild (“REMASTER” Version)[2007/12/3 日本武道館]

M4: Get Wild (“Incubation Period” Version)[2012/4/25 日本武道館]

M5: Get Wild (“FINAL MISSION -START investigation-” Version)[2013/7/20 さいたまスーパーアリーナ]

M6: Get Wild 2014

M7: Get Wild 2014 (“the beginning of the end” Version)[2014/5/20 東京国際フォーラム]

M8: Get Wild 2014 (“30th 1984~ QUIT30″ Version)[2014/12/10 東京国際フォーラム]

■DISC3

M1: Get Wild 2014 (“QUIT30 HUGE DATA” Version)[2015/2/8 さいたまスーパーアリーナ]

M2: Get Wild 2015 -HUGE DATA-

M3: Get Wild 2015 (“30th FINAL” Version)[2015/3/22 横浜アリーナ]

■DISC4

M1: Get Wild / ビクター・ファンタスティック・オーケストラ

M2: Get Wild / Dave Rodgers

M3: Get Wild / 小室みつ子

M4: Get Wild (CITY HUNTER SPECIAL’97 VERSION) / NAHO

M5: Get Wild / 玉置成実

M6: Get Wild / 緒方恵美

M7: Get Wild / 超新星

M8: Get Wild / globe

M9: Get Wild / Clementine

M10: Get Wild / H ZETT M

M11: Get Wild / Purple Days

M12: GET WILD 2017 TK REMIX

M13: GET WILD (Takkyu Ishino Latino Acid Remix)

M14: GET WILD (SICK INDIVIDUALS Remix)

M15: GET WILD (Dave Rodgers Remix)
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。