ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ジェーン・バーキン「ファッション・アイコンと呼ぶのは大げさ」

ジェーン・バーキン「ファッション・アイコンと呼ぶのは大げさ」

 世界的な女優とシンガーであり、偉大なる音楽家の故セルジュ・ゲンズブールの公私においてのパートナーで、エルメスの“バーキン”バッグの由来にもなっているジェーン・バーキンほど“アイコン”と呼ぶにふさわしい人物はそうそうにいないが、バーキン自身はそうは思っていないようだ。

 米ビルボードの『ソウル・シスターズ』ポッドキャストに登場したバーキンは「“ファッション・アイコン”と呼ぶなんて大げさ。現実的に“アイコン”という言葉ですら、値しないもの」と話す。そして「自分でいい仕事ができた、またはそれ以上の出来栄えと思える出演作は多分10本ぐらいしかない。私の出演作として一般的に知られている『欲望』やアガサ・クリスティの映画での役は大したものではなかった」と力説した。

 そんな彼女がとても誇りを持っているのは、故ゲンズブールの楽曲をシンフォニー・オーケストラと演奏した『シンフォニック・バーキン&ゲンズブール』だ。彼女は、今作を「これまでの自分がやってきことの中で最も素晴らしい」と表現している。「彼(セルジュ)はライブ・アーティストとしては短命だった」と話すバーキンは、現在世界中で故ゲンズブールの楽曲を演奏している。中には彼が生前に演奏することができなった国も含まれており、このように彼が残した作品を拡張し続けていけることを誇りに思っている。

 バーキン自身が後世に残すものについては「私は愉快な女優だったけれど、ドラマチックな作品に出だしたら、それがみんなの期待をいい意味で裏切っただけ」と説得力のある謙虚さで語る。「自分を卑下しているわけではない。明快だと思う。だって、バックの名前として知られてるわけだから、それ以上言えることはない」と続けた。

◎ポッドキャスト音源
https://www.acast.com/soulsisters/janebirkin

関連記事リンク(外部サイト)

ジェーン・バーキン、日本橋三越にて開催中の特別写真展に娘シャルロットと登場
ジェーン・バーキンの娘としても知られるルー・ドワイヨン、待望の2ndアルバムが遂に完成
ルー・ドワイヨン ジェーン・バーキンの娘が歌手デビュー

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy