ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

男子フィギュアスケートで話題の「陰陽師」収録、癒し系コンピ『イマージュ』最新盤リリース

男子フィギュアスケートで話題の「陰陽師」収録、癒し系コンピ『イマージュ』最新盤リリース

 リラクシング・ミュージック・コンピレーション“image”シリーズの最新アルバム『image18』が3月7日にリリースされた。

 本作には、平昌五輪のフィギュアスケート男子で金メダルに輝いた羽生結弦選手がフリー・プログラムで使用し、華麗な演技を盛り上げた楽曲「陰陽師・メインテーマ」が収録。同曲は、2001年に滝田洋二郎監督、野村萬斎主演で製作された映画『陰陽師』のメイン・テーマで、和楽器を取り入れたダイナミックで幽玄なサウンドが印象的で、安倍晴明が現代によみがえったような羽生選手の演技を華麗に演出していた。

 『image18』は、ソニー・ミュージックよりリリースされシリーズ累計350万枚のセールスを記録しているリラクシング・ミュージック・コンピレーション“image”シリーズの最新作。収録楽曲はTVや映画などの映像音楽を中心に、リスナーの心をなぐさめ、励ますことのできる良質な音楽を網羅。癒し系、リラクシング系コンピレーション・アルバムの代名詞として、2000年リリースの第1作目以来、いまなお支持され続けている人
気シリーズである。

◎リリース情報
『image18』
SICC30474 2,870円(tax out)

関連記事リンク(外部サイト)

THIS IS JAPAN、主宰オルタナコンピ『NOT FORMAL』のリリース記念イベントを開催 次世代注目バンドが出演
アジア発の楽曲を集めたEDMコンピが本日発売 KSUKE収録曲「POOL」のリリック・ビデオも公開
【ビルボード】 『蜜蜂と遠雷』ファン待望のコンピアルバムが第1位、岸田繁(くるり)「交響曲第一番」世界初演録音盤が第2位

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy