ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

不安やためらいを気にせず、走れ! MAN WITH A MISSION がチカラをくれる動画

不安やためらいを気にせず、走れ! MAN WITH A MISSION がチカラをくれる動画

なぜだろう。MAN WITH A MISSION の未発表曲『The Anthem』(ジ・アンセム)に重なるように、プロトリッキングパフォーマーやクリエーターの姿が映し出されると、チカラが湧いてくる。年齢性別、関係なく―――。

そんな1分映像が3月6日、YouTubeに公開された。タイトルは……。

『きっと、ナニモノにだってなれるんだ。』 Surface meets MAN WITH A MISSION

この動画に込めたメッセージは、こうだ。

―――今はまだ自分の進むべき道が見えていなくても、自分の信念が見つかっていなくても、それでいい。これから何度だって挑戦する時間がある。自分の意思で何かを変えた瞬間、何かに気付いた瞬間、殻を破った瞬間、若者のそんな瞬間瞬間を表現しながら、自分の可能性を信じて前に向かっていこう―――

タイトルにあるとおりこの動画は、“無限の可能性”をコンセプトとしデザイン性・携帯性で学生に支持されるPC「Microsoft Surface」と、大阪道頓堀で水上ゲリラライブを敢行するなど、型破りなパフォーマンスで心をつかむ唯一無二のオオカミバンド「MAN WITH A MISSION」がコラボレーションした作品。

この動画だけでも、心揺さぶられるチカラがあるのに、さらに3月8日からは、未発表となっていた新曲『The Anthem』のオフィシャルミュージックビデオが公開されるとか。こちらも期待していいはず。

また3月5日からは、「【MAN WITH A MISSIONから新大学生へ】きっと、ナニモノにだってなれるんだ。|メイキング&インタビュー」と題した映像も公開。

こちらは MAN WITH A MISSION が語る「作品への想い」や、撮影エピソードなどが詰まった3分映像。そのコメントの一部を抜粋してこちらに。

MAN WITH A MISSION からのメッセージ (Jean-Ken Johnny:Gt & Vo & Rap)

Q)今回の新曲の歌詞に込められたメッセージは?

生キテイク中デノ自己認識ダッタリ、自己発見ダッタリヲテーマニシテ書イタツモリデス。ロックミュージックノ中デモ普遍的ナ、永遠ノテーマノヒトツデアルト思ウンデスケド、ソレヲ我々ナリニ表現シタ楽曲デアリマス。曲的ニモ、スゴクシンプルニソノメッセージヲ打チ出セルヨウニ、アンサンブルハシンプルダケド力強クテ、空気感ノアル楽曲ヲ書カセテイタダキマシタ。

Q)コラボレーションムービー撮影の裏話は?

冬ノ時期ニ撮ッテイルノデ、手ガカジカンデ全ク動カナカッタ、ッテイウノト、自分、多少高所恐怖症ナンデ、カナリビビリナガラ撮影シマシタ。(屋上ノ)柵ガ、低イナト。

Q)大学生へのメッセージ

我々オオカミナノデ参考ニナルカワカリマセンケレド、大学生トイウト、コレカラノ世ノ中ダッタリ、イワユル社会ト対峙スル準備期間トイウヨウナ感ジモシマス。

今マデ以上ニ、 “自分ハナニモノナノカ”ダトカ、“自分ニハ何ガデキルノカ”トカ“自分ハ何ガシタイノカ”ダトカ、非常ニ多ク考エナケレバイケナイ、考エザルヲ得ナイ時期ダト思ウンデスヨネ。

思イ切リ時間ヲカケテ、自分ガ何ヲシタイノカトカ、ソウイッタモノヲ考エテイルウチニ、実ハソノ答エッテ、本当ハ世ノ中、外ニアルンジャナクッテ、自分ノ中ニアルモンナンジャナイカナッテ、気ヅク、気ヅカサレル時代ダト思イマスンデ、永遠トモ一瞬トモ感ジル事モアルト思ウンデスヨ。長イナト思ッタラ一瞬ダッタリスルト思イマスケド、非常ニ貴重ナ時代ダト思イマスノ
デ、一生懸命、邁進シテ自分ナリノ答エヲ見ツケテホシイト思イマス。

―――MAN WITH A MISSION『The Anthem』のオフィシャルミュージックビデオは3月8日、YouTubeで公開予定。Surface とともに描く世界観に浸りながら、こちらもあわせてチェックしてみて。Talking Rock!(トーキングロック!)
Fujisan.co.jpより

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。