ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これは試したい! 皇居ランの拠点に、湯船に浸かる感覚の全身シャワーが登場

東京・半蔵門にある皇居ランナーたちのステーション「JOGLIS」に、「まるで湯船に浸かってるような感覚」を体感できるシャワー製品「アクアネオ」が登場。3月5日、このアクアネオの寄贈式が行われ、建材・設備機器メーカーLIXILの担当者をはじめ、JOGLISスタッフやランナーたちが駆けつけた。

アクアネオは、吐水時に大量の空気を混ぜることで従来シャワーよりもボリューム感があるオーバーヘッドシャワーと、側面から横方向に湯が出てくるボディーシャワー・フットシャワーがセットになったモデル。横から身体に湯をあててくれるボディーシャワー・フットシャワーは、10か所のノズルが全身を包み込むように霧状に噴出。浴槽入浴と同様に身体の芯から全身を温めてくれるスグレモノ。

男性フロアに1台、女性フロアに1台の合計2台が設置され、「人気でアクアネオ待ちが出る時間帯もありそう」とスタッフはいう。

錦織圭が勝つと最新シャワーも増える…そのねらいは?

LIXILはこれまで、ユニバーサルデザインの視点を取り入れたシャワー製品「シャワー・ド・バス」「アクアネオ」を7施設に14台、寄贈してきた。

この寄贈プロジェクトは、同社の「ユニバーサル社会の実現」を目指した活動「リクシル すすめる、ユニバーサル。」の一環。プロジェクト名は「LIXIL錦織チャレンジ スポーツ施設サポートプロジェクト」。この動画やプロジェクト名でわかるとおり、同プロジェクトは、プロテニスプレーヤー錦織圭の2017年の公式戦での勝利数に応じて、国内のスポーツ施設に LIXIL のシャワー製品を寄贈するというもの。

錦織は2017年ATP公式戦30試合で勝利したことから、LIXILは30台を全国のスポーツ施設に寄贈する計画。

ランナーもこうしたシャワーを待ち望んでいた

LIXIL東京2020オリンピック・パラリンピック推進本部 太田裕介本部長は、寄贈式で「年齢、性別、国籍、性的指向、障がいの有無などに関係なく、誰もが個性と能力を発揮し、互いを尊重しながら生き生きと暮らせるユニバーサル社会の実現に、ハードとソフトの両面から貢献したい」とランナーたちに伝えていた。

「建材・設備機器メーカーとしての専門性を生かし、『LIXILだからこそできる』というアスリート支援に取り組みたいと考えてきた。こうしたLIXIL製品の提供で、休息時間をリラックスして過ごし、十分に鋭気を養って実力を発揮できるよう貢献していきたい」(太田本部長)

また、「いち早くこのアクアネオを体験した」というスタッフは、「まるでお風呂に入っている気分で、気持ちいい。ランナーたちも、こうしたシャワーを待ち望んでいた」と笑う。

JOGLISには、「皇居を走らず、シャワーだけを利用するユーザーもいる」とか。走っても走らなくても、半蔵門で最新シャワーを体験する時間を、つくってみて。ランナーズ
Fujisan.co.jpより

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy