ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドラクエモンスターが噺家に「スライム家ぷる蔵」などによる「ドラクエ落語」

ドラクエモンスターが噺家に「スライム家ぷる蔵」などによる「ドラクエ落語」

 新宿末廣亭にて3月6日に「ドラゴンクエスト」の世界観をテーマにした「ドラクエ落語」が開催されました。

 この企画はスクウェア・エニックスのスマートフォン・タブレット向けタイトル「ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト」が4周年を迎えたことを記念し、1月から笑福亭鶴瓶さんを起用したTVCM「DQMSL四周年口上」篇(15秒)を放送していることにちなみ、特別企画として行われたもの。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 開催された「ドラクエ落語」では、シリーズモンスターに「スライム家ぷる蔵」「ゴーレム亭めるぎど丸」など亭号が与えられ、新進気鋭4名の噺家が扮して、一日限定の「ドラゴンクエスト」にちなんだ4種類の落語を披露。

 「スライム家ぷる蔵」に扮した三遊亭とむ(末高斗夢)さんは、落語「都都逸親子」をベースにした演目で「勇者勇者と 言っちゃあいるが壺やタンスを 荒らしてる」など、集まったファンが思わず吹き出してしまう都都逸で会場の笑いをさらいました。

 「ゴーレム亭めるきど丸」に扮した笑福亭羽光さんは「村を救ったのに宿代はきっちり取られる」「大金使って装備を買ったら次のダンジョンの宝箱で手に入れる」とドラクエあるあるをオリジナルの演目で披露。

 またトークセッションでは、「ドラキ家らりほの輔」に扮する笑福亭茶光さんは、古典落語「動物園」をアレンジした演目で、ドラキーと「ファイナルファンタジー」シリーズに登場するバハムートの戦いを噺に盛り込んだことを「いきなりファイナルファンタジーいじって申し訳ありません」と語り、「ナイト亭ぴえーる之丞」に扮した笑福亭鉄瓶さんは、終始座っていたスライムの形をした座布団を「持って帰りたい。きめんどうしの弟子なんですけど持って帰っちゃだめですか?」と、テレビCMで“きめんどうし師匠”として出演した自身の師匠である笑福亭鶴瓶さんを「ドラゴンクエスト」シリーズに登場する“きめんどうし”に例え、トークセッションでも会場を盛り上げました。

 なお、会場には「ドラゴンクエスト」シリーズの生みの親であるゲームデザイナー堀井雄二さんと、音楽を手掛けているすぎやまこういちさんのお二人も来場。他にも当日来場者にはオリジナルの千社札(6種、ランダム)などが配られました。

(C)2014-2018ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
Developed by Cygames, Inc.

関連記事リンク(外部サイト)

「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」サントラCD発売決定 未実装曲含む全211曲収録
メタルギアで鍛えたスキルで「ストーカーから女子大生を守れ」をクリア
ピカチュウ×スイーツ=ふんわりキュート!アミューズメント専用景品に新作

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy