ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スイート派? ビター派? Starbucksの2つの白いコーヒー体験! コーヒーの新しい世界観を届けるNew Starbucks coffee journeyプログラムがスタート

「スターバックス コーヒー(Starbucks coffee)」で、3月15日(木)より“白いコーヒー体験”という全く新しい楽しみ方の2つの新商品「ムース フォーム ラテ」と「ホワイト ブリュー コーヒー & マカダミア フラペチーノ®」が新登場! 併せてコーヒーの魅力的な新しい世界観を届けるNew Starbucks coffee journeyプログラムもスタート。

「ムース フォーム ラテ」は、全国のスターバックスでは初となるムース フォームを使った白いコーヒー。無脂肪乳だけで作った極上で濃密なムースフォームは驚きの口当たり。さらにエスプレッソのダブルショットが、キャラメルのような甘く力強い味とナッツのような後味をしっかり引き出し、コーヒー好きにはたまらない仕上がり。ムース フォーム、エスプレッソ、スターバックスミルクが3層に重なり合って見た目にも美しいビターな白いコーヒー。

「ホワイト ブリュー コーヒー & マカダミア フラペチーノ®」は、コーヒーを使っているのに見た目は白く、スイートにコーヒー感を楽しめる驚きに満ちた商品。白い見た目からは想像もつかないほどコーヒーの香ばしさを感じる秘密は、毎日店舗でコーヒー豆を手作業でミルクに漬け込んでいるエスプレッソミルク。豆をローストしたときに表面に染み出すコーヒーオイルをミルクに移すことで、コーヒーの苦みは出さずに風味だけを楽しめる。ホワイトチョコレート風味のシロップを加え、カリっとした食感のマカダミアナッツを混ぜ合わせたフラペチーノ®好きが楽しめるスイートな白いコーヒー。


スターバックス® シングルオリジンシリーズ パプアニューギニア ハイランズ

またスターバックスは、日本上陸当初より特定の国や地域で生産されたシングルオリジンコーヒーを取り扱っており、現在コア商品では5種類のシングルオリジンのコーヒー豆を提供。そして2017年末より店頭で販売するシーズナルなコーヒー豆として「スターバックス® シングルオリジンシリーズ」が追加。その土地ならではの特有の栽培条件や収穫・加工方法に影響を受けた特長的な味わいをそのままに、遠く離れた生産地を身近に感じながら“旅をするように楽しむ”コーヒーシリーズ。3月15日(木)からは、「スターバックス® シングルオリジンシリーズ パプアニューギニア ハイランズ」が新発売。レッドパプリカのみずみずしさや甘み、フレッシュハーブを思わせる風味が特長。赤道のすぐ南にあり、大自然の恵みに溢れ多数の部族が暮らす、ラストフロンティア・パプアニューギニアに想いを馳せながら、コーヒーの旅を味わって。発売日から3日間は、店頭での本日のコーヒーでも提供するので、ぜひ試してみて。

今まで出会ったことがないような、新しいコーヒーと楽しみ方を提案するスターバックスのNew Starbucks coffee journeyで、旅をするようにコーヒーを楽しんで。

■New Starbucks coffee journey

・ムース フォーム ラテ(HOT/ICED)
価格:Tall 440円(サイズはTallサイズのみ)
発売期間:HOTのみ2018年3月15日(木)~2018年5月8日(火)※ICEDは継続して販売

・ホワイト ブリュー コーヒー & マカダミア フラペチーノ®
価格:Tall 590円(サイズはTallサイズのみ)
販売期間:2018年3月15日(木)~ 2018年4月11日(水)

・スターバックス® シングルオリジンシリーズ パプアニューギニア ハイランズ
価格:250g 1,520円
販売期間:2018年3月15日(木)~なくなり次第終了
ドリップコーヒー提供期間:2018年3月15日(木)から3月17日(土)
ドリップコーヒー価格:Short 280円、Tall 320円、Grande 360円、Venti® 400円

すべて税抜価格
取扱店舗:全国のスターバックス店舗(一部店舗を除く)

Starbucks coffee 公式サイト
http://www.starbucks.co.jp

HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。