ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

宇多田ヒカル、プロデューサーとしてのスタイルは? 小袋成彬が明かす

宇多田ヒカル、プロデューサーとしてのスタイルは? 小袋成彬が明かす
J-WAVEで放送中の番組「SAISON CARD TOKIO HOT 100」(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。3月4日(日)のオンエアでは、シンガーソングライター・小袋成彬さんがゲストに登場し、4月25日発売のデビューアルバム「分離派の夏」についての話を伺いました。

■小袋さんは、もともと“裏方”だった

小袋さんはもともと、「表に立つ以外のすべて」をやっていたと言います。自身のレーベルであるTokyo Recordingsを持ち、プロデュースはもちろん、CDを持って販売促進に回るといった営業活動もしていたそう。その経験から、自身が表舞台に立ったときに、いろいろな人へ思いを馳せることができると言い、「やってよかったな」と振り返りました。

そんな小袋さんは、宇多田さんに「この人の声を世に送り出す手助けをしなきゃいけない。その使命感をもたせてくれるアーティストをずっと待っていた」と言わしめた逸材。小袋さんのデビューアルバム「分離派の夏」は、宇多田さんがプロデュースを務めることで話題になっています。宇多田さんが他のアーティストをプロデュースするのは初めてのこと。共同作業はどのようなものだったのでしょうか。

小袋:彼女が20年間、日本のポップ・ミュージックで培ってきた技術を、いろいろ教えていただきましたね。作詞、作曲、編曲までやる人って、日本にほとんどいないですし。彼女が稀有な例です。たとえば、ある言葉を響かせたいときに、その言葉を変えるだけじゃなく、「ドラムを抜いてみよう」とか「ベースをこう動かしてみよう」っていう発想ができる人と話ができたっていうのは、めちゃくちゃ楽しかったですね。

小袋さんがプロデューサーをしていた頃は、「コントロールをしたがるほう」だったそうですが、宇多田さんは「任せてくれるいいプロデューサー」。自主性を重んじるタイプで、小袋さんは「やりやすかった」と明かしました。今後ますます話題になりそうなデビューアルバム、要チェックです!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SAISON CARD TOKIO HOT 100」
放送日時:毎週日曜13時−16時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tokiohot100/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy