ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

森山直太朗、音楽・舞台と挑戦を続ける理由…「やらない後悔よりも」

森山直太朗、音楽・舞台と挑戦を続ける理由…「やらない後悔よりも」
J-WAVEで放送中の番組「SEASONS」(ナビゲーター:マリエ)のワンコーナー「ESTEE LAUDER MAKE TOMORROW BEAUTIFUL」。3月3日(土)のオンエアでは、シンガーソングライター・森山直太朗さんをゲストにお迎えし、間もなくリリースされる劇場公演DVD『あの城』など、さまざまな表現活動について伺いました。

森山さんと一緒にレギュラー番組をやっていたことから、再会を喜んだマリエ。森山さんは、シンガーソングライターとしてはもちろん、ここ数年は演劇や舞台芸術にもチャレンジしています。昨年は、3作目の劇場公演『あの城』を上演。その模様を収録したDVDが3月21日(水)に発売されます。

マリエも公演を観たそうで、開口一番「深い!」と一言。歌も演技もありますが、「衣装も小道具もおしゃれでした」とマリエならではの視点で感想を述べました。そんな舞台について、森山さんは次のように説明しました。

森山:僕は舞台の上でフィジカルを使って表現するというところかな。御徒町凧さんが脚本と演出、曲の構成は自分たちで進めていくという、一言では説明しづらい舞台なんだけど。自分たちの表現の塊のようなものが一個ぼんっと乗った作品ですね。

音楽と並行して舞台を続けていくのか尋ねると「音楽なのか演劇なのか、今自分で形容できるものはないんだけど、『これが自分の表現の形です』と、積み重ねていくしかない。面白いものにしていきたいと思います」と話しました。

最後に「明日を美しくするために心がけていること」を伺うと、森山さんは「人間はどうしても後悔する生き物なので、やらない後悔よりは、やってする後悔のほうがいい」と、さまざまなことに挑戦する森山さんらしい回答が返ってきました。

森山さんは、3月10日(土)に、両国国技館で開催される「J-WAVE TOKYO GUITAR JAMBOREE 〜YOUNGBLOOD〜 supported by azabu tailor」に出演します。こちらもぜひチェックしてみてください。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SEASONS」
放送日時:毎週土曜 12時−15時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/seasons/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。