ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

MIYAVI、ワールドツアー初日にhide「ピンク スパイダー」のカバーを披露

2017年デビュー15周年を迎え、国内外で多くのライブを完遂した世界的ギタリスト・MIYAVIのワールドツアー『“DAY2” World Tour 2018』初日が恵比寿LIQUIDROOMにて行なわれた。ワールドツアーは2017年に続いて自身7度目で、当日のチケットはSOLD OUT。観客もライブ前から待ち遠しい様子の中、本人登場後、一気に場内のボルテージがヒートアップ! 現在オンエア中のアニメ『刻刻』主題歌「Flashback」、三浦大知と共演した「Dancing With My Fingers」を披露。MIYAVIも観客の熱気に反応しつつ、熱きパフォーマンスを次から次へと繰り広げる。中盤、“日本人アーティストとして、たくさんの偉大な道を作ってくれたhideさんを尊敬し、影響も受けた”と自ら語り、hideの「ピンク スパイダー」をカヴァーし初披露した。
3月5日@LIQUIDROOM (okmusic UP's)

アンコール前にMIYAVIは“何度も言いますが、世界中、色んな所を回って、こうやって帰ってくる場所があるということを本当に嬉しく思っています。日本から世界に対してできること、まだまだたくさんあると思う。それぞれがそれぞれの役割をやって、その上で、みんなが繋がって、かっこいい日本人として、新しい未来を作っていければと思います。共に歩んでいきましょう”と熱く語ると、超満員札止めとなった観客から大歓声が沸きあがった。最後に代表曲の「What’s My Name 2017」を披露し、初日から全力でパフォーマンスし場内を大いに盛り上げた。

いよいよ7度目のワールドツアーがスタートとなったMIYAVI。熱きサムライ・ギタリストの魂は、様々なジャンルにおいて、日本、アジア、ヨーロッパ、ロシア、そしてアメリカへと、世界中に響き渡るに違いない。今後のMIYAVIの動向に要注目だ。

Photo by 青木カズロー(cazrowAoki)
『“DAY2”World Tour 2018』
3月05日(月) LIQUIDROOM

3月07日(水) 仙台 Rensa

3月08日(木) 青森Quarter

3月10日(土) Zepp Sapporo

3月15日(木) 金沢EIGHT HALL

3月16日(金) 名古屋ダイアモンドホール

3月18日(日) 大阪なんばHatch

3月20日(火) 広島 CLUB QUATTRO

3月21日(水) 岡山CRAZYMAMA KINGDOM

3月24日(土) 福岡DRUM LOGOS

3月25日(日) 熊本B.9 V1

3月30日(金) ソウル Muv Hall

4月01日(日) シンガポール [email protected] Singapore

4月03日(火) 台湾 Clapper Studio

4月05日(木) 上海 MODERN SKY LAB

4月07日(土) 北京 M-Space

4月09日(月) 香港 Music [email protected]

4月12日(木) 東京Zepp Tokyo(open 18:00 / start 19:00)

4月19日(木) パリ(フランス) YOYO(Palais de Tokyo)

4月21日(土) ロンドン(イギリス) ULU Live

4月24日(火) ベルリン(ドイツ) Kesselhaus

4月26日(木) ワルシャワ(ポーランド) Klub Proxima

4月27日(金) モスクワ(ロシア) Izvestia Hall

5月08日(火) ラスベガス(アメリカ合衆国)@El Rey Theatre

5月11日(金) サンフランシスコ(アメリカ合衆国)@Slim’s

5月13日(日) シアトル(アメリカ合衆国)@The Crocodile

5月16日(水) トロント(カナダ)@The Phoenix Concert Theatre

5月18日(金) フィラデルフィア(アメリカ合衆国)@Theatre of Living Arts

5月20日(日) ニューヨーク(アメリカ合衆国)@Irving Plaza
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。