ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

KANA-BOON、デビュー以降初の対バンツアーのタイトルが『Let’s go TAI-BAAN!!』に決定

2018年でメジャーデビュー5周年を迎え、5シーズンにわたって5リリース・5イベントを企画しているKANA-BOON。Season2の“イベント”として発表されていた、Zepp東名阪対バンツアーのタイトルが『Let’s go TAI-BAAN!!』に決定した。彼らにとって、デビュー以降初めてとなる対バンツアー。出演者は後日発表とのことなので、どんなアーティストがラインナップされるか楽しみにしておこう。チケットは3月6日(火)より、FCサイト「KANA-BOONのモバイルブンブンパーク」にて最速先行受付をスタート!
KANA-BOON (okmusic UP's)

また、3月14日(水)にはSeason1の“リリース”として、初のB面集『KBB vol.1』とCLIP集『KANA-BOON MOVIE 05 / KB CLIPS ~サナギからもぞもぞ編~』をリリースするので、こちらも併せてチェックしてほしい。
『東名阪対バンツアー 「Let’s go TAI-BAAN!!」』

5月30日(水) 東京 Zepp Tokyo

6月07日(木) 愛知 Zepp Nagoya

6月08日(金) 大阪 Zepp Osaka Bayside

<チケット>

¥5,000(税込)

最速先行受付:http://kanaboon.jp/feature/5th_season2

特設サイト:http://kanaboon.jp/feature/5th_anniversary
アルバム『KBB vol.1』
2018年3月14日発売

【初回生産限定盤】(CD+DVD)

KSCL-3040~3041/¥3,600+税

※どうでもいいオマケ016封入

【通常盤】(CD)

KSCL-3042/¥2,500+税

※初回仕様:どうでもいいオマケ016封入

<収録曲>

■CD

1. スパイラル

2. PUZZLE

3. バカ

4. ハッピーエンド

5. スーパームーン

6. 夜のマーチ

7. LOSER

8. アナートマン

9. I don’t care

10. ロックンロールスター

11. 桜の詩

12. タイムトリッパー

13. Flame (※新曲)

14. さくらのうた (acoustic version)

■特典DVD

『KANA-BOONのバイバイハローツアー 2017 年越し編 ~バイバイ 2017、ハロー 2018!~』LIVE&密着映像

1. – Introduction –

2. A.oh!!

3. ディストラクションビートミュージック

4. 人間砂漠

5. Fighter

6. 涙

7. 結晶星

8. 一番星

9. それでも僕らは願っているよ

10. ないものねだり

11. – カウントダウン –

12. バトンロード

13. バイバイハロー

14. – Conclusion –
DVD&Blu-ray『KANA-BOON MOVIE 05 / KB CLIPS ~サナギからもぞもぞ編~』
2018年3月14日発売

【DVD】

KSBL-6303/¥2,778+税

※初回仕様:どうでもいいオマケ017封入

【Blu-ray】

KSXL-254/¥3,241+税

※初回仕様:どうでもいいオマケ017封入

<収録内容>

なんでもねだり

ダイバー

talking

ランアンドラン

Wake up

Fighter

バトンロード

それでも僕らは願っているよ

<Extra>

anger in the mind (short ver.)

Origin トレイラー

情熱小泉(小泉の「talking」歌ってみた)

覚醒の小泉

シルエット 小泉監督編

フルドライブ Studio Live

涙 Studio Live

ディストラクションビートミュージック Studio Live

バトンロード Studio Live

それでも僕らは願っているよ Studio Live
 (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy