ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「お姉ちゃんも頑張って食べるね!」下の子の離乳食がいい影響に

f:id:akasuguope01:20171219173519j:plain

生後6ヶ月になった頃、いよいよ離乳食の時期がやってきました。

もともと実家暮らしが長かった私は、料理もろくに勉強せずに結婚したため、いまだに料理が得意ではありません。

1人目の離乳食作りの時にはドタバタ試行錯誤の毎日で、毎日3食どう作るか頭を悩ませ、娘が寝てからはメニュー本と睨めっこの日々が続きました。そんな経験もあって、2人目は少し憂鬱な気分からのスタートとなりました。

久しぶりの離乳食作りは、毎回この食材はこの月齢で食べられるものなのか? と確認することから開始。

今回は上の子がいるので離乳食作りにあまり時間をかけていられそうにもありません。ですので、自然と以前よりは力まずに楽をすることを覚えました。

「時短」や「便利」をキーワードにしながら、子供たちが寝静まってから多めにお野菜の下ごしらえをして小分けに冷凍したり、すぐに調理できるように保存しました。

また、最近では国産のこだわった食材を使用しているベビーフードもかなり豊富なので、時間がかかりがちなお野菜だしやベビーフードも少しずつ利用しました。 関連記事:食べてくれない離乳食。食器セットとお兄ちゃんの協力で乗り越える

結果、1歳の現在まではあまり時間をかけずに、家族みんな材料は同じでも離乳食、上の子用、大人用と味付けを変えて、食事の準備はできています。

当の本人は離乳食スタート時期から食事を嫌がることもほぼなく、好き嫌いもあまりせずに、今では食事を楽しみにしてくれていて、モリモリ食べてくれています。これがとても嬉しく思いました。

ただ、そんな風に食べてくれるのも、隣で一緒においしそうに食べてくれる上の子のおかげなんだろうなと日々感じています。最近では好物のおかずがあると、上の子のお皿からも取って食べようとするくらいです。

また、上の子にとっても嬉しい効果がありました。上の子はまだお野菜など好き嫌いも多く、偏りがちなことがあるのですが、最近では下の子がお野菜もお魚もお肉も残さずしっかり食べている姿に影響されて「お姉ちゃんも頑張って食べるね!」と、苦手なお野菜も自然と口に運ぶようになってきたのです。驚きの変化でした。

料理が得意な母ではありませんが、子供達同士で刺激しあいながら、食事を楽しんでモリモリ食べてくれているのはありがたいことです。

これからもめげずに頑張って作り、子供が健やかに成長出来るように食事でもサポートしていきたいと思っています。 関連記事:一人目の離乳食時期はストレスの塊だった私。二人目になるといい意味でズボラになれた!

f:id:akasuguope01:20171219161259j:plain

著者:haru#hima

年齢:35歳

子どもの年齢:6歳、1歳

神奈川県在住、2人の子供と楽しく忙しい毎日を送っている35歳ママです。二人育児の大変さを実感しつつも、姉弟でじゃれあっている姿を見て微笑ましく思っております。子供たちの笑顔が大好きなマイペース母ちゃんです。最近では、家事・育児をこなしながらお仕事も頑張りたいと思い、生活のバランスについて真剣に考えています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

市販のベビーフードを上手に取り入れたら「離乳食ストレス」が無くなった!
離乳食を作っては処分する日々が辛い。10ヶ月なのにほとんど食べてくれない…
離乳食は無駄なく効率よく!ベビーフードをまとめ買いしてストック

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy