ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東京五輪のエンブレムに散りばめられた「デザインの秘密」

東京五輪のエンブレムに散りばめられた「デザインの秘密」
J-WAVEで放送中の番組「INNOVATION WORLD」(ナビゲーター:川田十夢)のワンコーナー「SHOWA SHELL SEKIYU ROAD TO INNOVATION」。3月2日(金)のオンエアでは、東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムを手掛けたアーティスト・野老朝雄(ところあさお)さんをゲストにお迎えし、エンブレムの制作意図についてお話を伺いました。

■エンブレムをよく見ると、“輪”が感じられる

川田は「東京オリンピックのエンブレムが決定するまでって、いろいろあったじゃないですか」と話を切り出しました。

川田:どんなデザインでも、何か言われると思うんですよ。すごく民主的な空気のなかで挑む野老さんは、すごく勇敢だなって。そのとき、どういう気持ちだったんですか?
野老:やっぱり、怖かったですよ。どういうことが起きてるかっていうのはチラチラ見てましたし。叩く人もある意味、集合知ですよね。初めてそれが立証されたときだったと思うし、デザイン史じゃなくて情報の歴史にとって、すごく重要なことだったと思います。「オリジナリティーってなんだろう」みたいなことも問われたし。
川田:そうですね。そういう議論になりましたもんね。
野老:僕は幾何学にお世話になっている身なので、あまり考えたことがないんですよ。(中略)幾何学ってものすごく縛りがあるなかで、そこにおいてオリジナリティーがどうのって考えたことなかったから。

デザインには、どんな思いを込めたのでしょうか。

野老:このエンブレムをよく見ると、大中小の3つの四角形でできています。大が正方形です。両エンブレムとも、45個でできています。大が9個で、ほかが18個ずつで、足すと45個になります。あと、両方とも穴があって「輪を成そう」という表現なんです。

野老:もともとひし形でできてるんですね。ひし形の中点を結ぶと四角形になるって、小学校くらいに習うのかな。それを改めてやってみると本当なんですよね。これは美しいなと思って。立体やって平面やってって、行ったり来たりしてる間の、一つの平面の現れなんですね。
川田:3Dのポリゴン(多角形)の原理みたいなことにも見えてくるし、領域を越えて得る情報があるっていうか……グッときますよね(笑)。

ぜひ、それぞれのエンブレムをじっくり見てみてください。野老さんの緻密なデザインが隠されています。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「INNOVATION WORLD」
放送日時:毎週金曜 22時−22時55分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/innovationworld/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。