ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【全国】白の絶景スポット17選!日本の美しすぎる白の世界!

【全国】白の絶景スポット17選!日本の美しすぎる白の世界! 白絶景全国

色彩の中でも唯一無二の存在感を放つ「白」。

その神々しいまでの美しさを感じられる「白×絶景」を集めました。

期間限定で雪や氷が織りなす冬の絶景、どこまでも続きそうな白い道や真っ白な砂浜、そして気象条件があった時にだけ見ることができる雲海や海霧の奇跡の美しさ・・・。

ぜひ、お気に入りの景色を見つけてください。

記事配信:じゃらんニュース

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

「赤」の絶景スポットはこちら!

「青」の絶景スポットはこちら!

白い道 【北海道】

白い道出典:じゃらん 観光ガイド 白い道

宗谷丘陵フットパスコースの後半約2キロを歩いたところにある白い道。

宗谷さんのホタテの貝を敷き、足にやさしい、自然にもやさしいものとなっております。また、ホタテの貝殻の白と空の青、白い道周辺に生える草の緑からなるコントラストはとてもきれいです。

\口コミ ピックアップ/

白い道ってことでいってきました!!確かに白い(^_-)-☆白かったです。白い道でした((((oノ´3`)ノ

(行った時期:2016年10月8日)

宗谷岬からのフットパスのコースに含まれています。

お天気も良かったので、青い空と白い道がとてもきれいでいた。

(行った時期:2014年7月) 白い道

住所/北海道稚内市宗谷岬

「白い道」の詳細はこちら

雲海テラス 【北海道】

雲海テラス出典:じゃらん 観光ガイド 雲海テラス

日高山脈を越えて流れ込むダイナミックな雲海。大自然が生み出す絶景が、トマムの朝を彩ります。

朝日を浴びながらゴンドラで13分の空中散歩で行きつく先は、想像を遥かに超える絶景が広がります。 少し早起きして、清々しい朝の時間をお過ごしください。

\口コミ ピックアップ/

雲海は、毎日見られるものではなく気象条件に左右されます。それだけに目の前に広がる雲海を見ることができたときは感動しました。

(行った時期:2013年7月)

「雲海テラス」でしたが,旅行当日は「雲中テラス」でした。それでも,雲の上の開放感やゴンドラに乗って山頂まで行く時のドキドキ感は,なかなかなものでした。

暖かい服装と雲海カフェが大混雑でしたので飲み物や軽食を持参すると,もっと景色をじっくり眺めることができそうです。

(行った時期:2017年8月7日) 雲海テラス

住所/北海道勇払郡占冠村中トマム

「雲海テラス」の詳細はこちら

白ひげの滝 【北海道】

白ひげの滝出典:じゃらん 観光ガイド 白ひげの滝白ひげの滝出典:じゃらん 観光ガイド 白ひげの滝

美瑛川本流にかかり,数十条の細い糸を引いて落水。珍しい地下水の滝。

ブルーリバー橋からご覧になれます。

\口コミ ピックアップ/

凍っている滝!

なんとなく青い滝!

自然の力を感じます!!!

夏とは違う魅力があり、とても気に入りました♪

(行った時期:2017年12月) 白ひげの滝

住所/北海道上川郡美瑛町字白金

「白ひげの滝」の詳細はこちら

樹氷 【宮城県】

樹氷出典:じゃらん 観光ガイド 樹氷

針葉樹林のアオモリトドマツなどに過冷却水滴が凍りついて出来るもの。幻想的景観。

\口コミ ピックアップ/

ほんとうにそこは氷のぜっけいでした(((o(*゚▽゚*)o)))感動しましたよ。またいきたいですね。

(行った時期:2018年1月)

風が少し強かったのですが、快晴の青空だったので、想像していた以上に圧巻でした。

樹氷は結構硬く風上側にどんどん大きく成長して行きます。

(行った時期:2018年1月) 樹氷

住所/宮城県刈田郡蔵王町

「樹氷」の詳細はこちら

三十槌の氷柱 【埼玉県】

三十槌の氷柱出典:じゃらん 観光ガイド 三十槌の氷柱

奥秩父の冬の名勝「三十槌の氷柱(みそつちのつらら)」は、岩清水が凍り作り上げられる氷の芸術です。寒さが厳しくなっていくと徐々にその姿を現していきます。

\口コミ ピックアップ/

1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy