ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【軽井沢】絶対はずさないお土産おすすめ17選!定番ジャムやおしゃれな絶品スイーツも

軽井沢ファーマーズギフト

浅間山の麓に位置し、豊かな緑に囲まれた日本でも有数のリゾート地である軽井沢。

自然の恵みをふんだんに使ったジャムや、ほっと一息つけるコーヒー、チョコレートやチーズを使った絶品スイーツなど、洗練されたお土産がいっぱい!

軽井沢の爽やかな雰囲気を一緒に伝えられそうな、ちょっと気の利いたお土産を、定番からニューカマーまで幅広くご紹介します。

記事配信:じゃらんニュース

【Bon Okawa 軽井沢チョコレートファクトリー】チョコレートボール

軽井沢のチョコレート工場で作られる、ひとくちサイズの可愛いフルーツチョコ

Bon Okawa 軽井沢チョコレートファクトリー軽井沢チョコレートボール りんご(7粒入)600円 ※税込価格

看板商品でもある「チョコレートボール」は、マカダミアナッツに濃厚チョコレートをコーティングした一口サイズのまあるい形が可愛いチョコレート。

ビターやキャラメルなど、いくつかの種類があるのですが、中でも軽井沢のお土産としてオススメなのが、ホワイトチョコでコーティングした「りんご味」。

口に含んだ瞬間、爽やかなりんごの香りが広がり、ゆっくりと溶けていくホワイトチョコレートのまろやかな甘さと、りんごの酸味の絶妙なハーモニーが人気のフレーバーです。

中に入っているマカダミアナッツのカリッとした歯ごたえと香ばしさも良いアクセント。

SNS映えも叶う、まるで玉手箱のようなチョコレートBOX!

Bon Okawa 軽井沢チョコレートファクトリー軽井沢チョコレートボールMIX M(6種×2粒 計12粒入)1180円、(6種×4粒 計24粒)2160円 ※どちらも税込価格

また、職場などへのお土産にもピッタリなのがこちらの「軽井沢チョコレートボール MIX」。

味ごとにカラフルな包装紙で1粒ずつ包まれていて、キラキラと玉手箱を開けたかのような可愛さ!

入っているのは、味が濃く甘さと酸味の調和が良いのが特徴の「ブルーベリー」、チョコレートの甘みとレモンの酸味のバランスがすっきりとした爽やかな味わいの「レモン」、甘すぎずさっぱりとした味わいが特徴の「いちご」、マイルドなほろ苦さと甘みを抑えた深みのあるクーベルチュールチョコレートをコーティングした「ビター」、なめらかなミルクチョコレートとキャラメルをバランスよくコーティングした「キャラメル」の6種類。

チョコレートのあま~い香りに包まれたショップ内には、ガラス張りの工場も併設されているので、見学することもできますよ。 Bon Okawa 軽井沢チョコレートファクトリー

住所/長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1323-80

営業時間/10:00~18:00(季節により変動あり)

定休日/不定休

「Bon Okawa 軽井沢チョコレートファクトリー」の詳細はこちら

【丸山珈琲】丸山珈琲のブレンド・クラシック1991

創業年が印字されたラベルの軽井沢本店限定ブレンド!

丸山珈琲丸山珈琲のブレンド・クラシック1991(100g)900円~ ※税込価格

1991年に軽井沢で創業した「丸山珈琲」。スペシャルティコーヒー店の先駆けとして、全国区のみならず、バリスタの世界チャンピオン(2014年)を生み出すなど、今や世界にも名を馳せる人気店。

軽井沢の豊かな自然に囲まれた、温かみのあるレンガ造りの軽井沢本店では、創業当初のブレンドを復刻した、特別なコーヒーを購入することができます。

じっくりと深煎りされ、ビターチョコレートやキャラメルの風味と、スパイシーな後味を感じられる重量感が特徴。

飲んだ後も深い余韻がしばらく続き、ゆっくりと深呼吸をしたくなるような、心をほっと落ち着かせてくれるコーヒーです。 丸山珈琲 軽井沢本店

住所/長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1154-10

営業時間/10:00~18:00

定休日/火曜定休日(8月無休)※ 祝日の場合は営業

「丸山珈琲 軽井沢本店」の詳細はこちら

【軽井沢トルタ】ドゥーブルフロマージュタルト

1つで2つの味が楽しめる、信州産クリームチーズを使った軽井沢の新スイーツ!

軽井沢トルタドゥーブルフロマージュタルト(4個入)864円(8個入)1620円 ※いずれも税込価格

自然豊かな信州で丁寧に育てられた乳牛から取れる生乳を使って生産され、一般には流通していない貴重なクリームチーズ。軽井沢の魅力にすっかりはまったオーナーが、この信州産クリームチーズを使ったお菓子を売り出したい!と思い、開発されたのがこちら「ドゥーブルフロマージュタルト」です。

濃厚なプレーンチーズ味とほんのり苦味のあるコク深いコーヒー味と、2つの味の両方を1つで楽しむことができます。

コーヒーとチーズという珍しい組み合わせですが、チーズとコーヒーの味と香りの最高のバランスを求め、何度も試行錯誤を重ねて作られました。きれいに分かれた2色も、独自の技術によるものだとか。

そのままでももちろんですが、オーブンで少し温めると焼き立ての生地のサクサク感と香ばしさを楽しむことができます。

また、冷蔵庫で冷やしても、より濃厚なチーズ感が楽しめるのでワインやビールとの相性もバッチリです!軽井沢トルタ日持ちもして、1つずつ個別包装されているのでお土産に最適! 軽井沢トルタ株式会社
1 2 3 4 5次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy