ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

双子育児を相談できる人がいない…! 双子子育てブログが最高の情報源

f:id:akasuguope01:20171219185052j:plain

双子を妊娠した際、病院から言われたのは「双子育児は大変だよ」ということでした。

初産だったので、そもそも子育て自体がよくわからない私は、よくわからないから生まれてから考えようと問題を先送り。そして、無事双子が生まれた後、頭が爆発するかと思うくらい、忙しい日々に飲み込まれていきました。

夫の転勤先だったため知り合いのいない土地でのワンオペ双子育児、生後1ヶ月になった頃には「これは無理だろ…」という感じで、まさに廃人寸前でした。

時間がない、手が足りない、他の多胎児の親はどうやってるの!? それが頭に浮かび続けていました。だいたいどこでも双子の親御さんが集まって情報交換をする双子育児サークルがあるのですが、正直集まりのために外出すること自体が無理…。でも、多胎児育児に関する情報が欲しい…。そんな私を救ってくれたのが、双子の子育てブログでした。

「双子 育児 ブログ」と検索すると、様々なブログサービスごとに、人気の双子ブログランキングが出てきます。私はそれを上位から片っ端に見ていって、これはいいぞ! と思ったものをチョイス。

基本的に私のメンタルに近いもの、キラキラ系な育児も自分磨きも仕事もがんばってるぞ、といったブログではなく、双子育児しんどい…なんとか今日も生き抜いた…ダメかと思った…という方のブログを20以上ブックマークし、少しでも時間を見つけると閲覧するようになったのです。 関連記事:インスタで見かける素敵ママに憧れる? 比較して自己嫌悪しそうになるけれど… by うだひろえ

そこで得た情報は、まさに歴戦の勇士が選び抜いた生きた情報! 私はブログから、同時授乳のベストなやり方、ワンオペでお風呂に入れる方法、双子用ベビーカーの選び方といったものをはじめ、様々なものを学びました。このような具体的な情報もさることながら、それと同じくらい、それ以上にためになったのが、「双子が大暴れして大変だった」という体験談でした。

双子がいつのまにか台所の醤油をぶちまけていた、トイレを水浸しにしていた…。一人でそんな場面を前にしたら砂のように崩れ落ちてしまいそうですが、ブロガーの方はそれを面白おかしく笑い飛ばしているのです(ブログに書くにあたって、気持ちを整理したのだと思うのですが)。それを読むと、私も困難を笑い飛ばせるようになりました。

「双子のRSウイルスループ、ははは! 多分そうなると思った。部屋中除菌してやるぜ!」となって、嘔吐物まみれの布団やパジャマをエンヤコラと洗う、そんな元気をもらえたのです。自分だけ大変なのではない、みんな同じく大変なのだと理解できたのが大きかったのだろうと思います。

ちょっとさみしいのが、子供が大きくなるにつれ(特に幼稚園入園、小学校入学などの節目)、ブログの更新をやめてしまう方が多いことです。個人情報の観点や、ブログを書く時間を捻出できないなど理由はいっぱいあると思いますが、もっと読みたかったなぁと思うブログがたくさんあります。

本当に双子育児ブログにはお世話になりました。これがなかったら、双子、今まで育てられなかったと思います! 関連記事:長く辛い不妊治療。私にとって支えになったものとは…

f:id:akasuguope01:20171219185135j:plain

著者:シオモミ

年齢:37歳

子どもの年齢:3歳の双子

夫の転勤を機に出版社を退職、引っ越したが即双子を妊娠し、一卵性双子男児の育児にあたふた。それも幼稚園に入り、少し余裕ができました。好きなものはマンガ、映画、本、アニメ、お酒。この一杯のために生きている系で、双子はいきつけの酒屋さんにすごくかわいがってもらっています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

日々のワンオペ育児がプレッシャーに。子育て支援センター通いが救いになりました
最近よく見かける”ワンオペ育児”の言葉。ワンオペの本来ってどんな意味? by チカ母
どこで覚えたの?ママは教えてないよ!役に立とうと手伝いをしてくれる息子に涙…

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy