ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2018年の春旅は、このリストから♡

2018年の春旅は、このリストから♡

今年もやってきます。春休み🌸

でも正直言わせてもらうと、ビーチにはもう飽き飽きなんです。違う景色が見たいんです。刺激的で感動をそそる旅行を胸に刻みたいんです。そう思っていた矢先に現れたのが、「Elite Daily」のMarisa Cascianoさんの歴史、文化、自然が堪能できる行き先リスト。📝

ハワイやグアムなんて、いつ行っても楽しいじゃない。だから今年の春旅は思い切って、180度ちがう選択をしてみない?2018年の春旅は、このリストから♡

友だちはみんな、今年もまたもや南国旅行を計画中。砂と太陽、それさえあればいいって感じ。

カリブ海に浮かぶ島だとか、マートルビーチだとか、フロリダのビーチハウスだとか。でも私はちがう。私が望むのは、思いっきり気分転換ができる場所。

誰も踏み入れていない地をあえて散策することに、意味があると思うんです。
だから春休みにどこに行こうか迷っているのなら、みんなが選ばない都会や文化をあえて探ってみるのはどう?

もしかしたらいまこそ、ずっと行きたいと思っていたところに行くべきなのかもしれない。登りたかった山を登るべきなのかもしれない。日焼け止めに歩きやすいスニーカーとカメラさえ持てば、あとはいい思い出(インスタのいいね稼ぎ)をつくるだけ。「どれだけ日焼けしたか」なんて会話はやめて、こんな場所に心をときめかせましょう。

01.
サンフランシスコ(米カリフォルニア州)

2018年の春旅は、このリストから♡

ゴールデンな時間を過ごしたいのなら、ゴールデンブリッジが美しいサンフランシスコはどう?。

アルカトラズに国立公園も美しいし、遊べることがいっぱい。シティを散策するもよし、ケーブルカーに乗るもよし。

海外ドラマの主人公みたいな気分になっちゃうんだから。ありとあらゆる場所に姿を見せるネオンの看板をバックに、はっちゃけたいときには最高!

02.
シカゴ(米イリノイ州)

2018年の春旅は、このリストから♡

シカゴが、今春あなたをお待ちかね。

リッチなシティライフを体験したいのなら、シカゴのAirbnbに泊まるのが◎。ビーチでリラックスなんてどうせ大したことありません。そんな過ごし方はさておき、この都市があなたを呼んでいます。

日中はミレニアムパークをお散歩し、『クラウドゲート』に映る自分をパシャリ。夜になったらローカルなレストランに足を向けて、友だちの間で話題のシカゴピザを堪能。もしくはスタジアムで試合を見るのもいいでしょう。シカゴはスポーツにアツい街。旅行中に地元民と燃えるのも、きっといい思い出になるはずです。

03.
ニューオリンズ(米ルイジアナ州)

2018年の春旅は、このリストから♡

最近になってみんなが気になりだしている、ニューオリンズ。マルディ・グラと、ジャズで知られるこの都市は、文化と歴史がひしめく場所。南の広大な緑に、素敵なマンションや、日本では見ない鮮やかな住宅を眺めているだけでも、楽しいでしょう。

ローカルフードも、絶対に欠かせません。数世紀に渡り受け継がれてきたメニューは、言葉を失う美味しさに、ケイジャンスパイスを何杯かふりかけた感じ。

04.
モントリオール(カナダ)

2018年の春旅は、このリストから♡

最近までは「カナダに行きたい」という発想がなかったんですが、インスタグラムでリサーチをしたり、友だちの旅バナシなんかを聞いていると、もっと早くにその魅力に気づいていれば…!としみじみ思っちゃいます。

街はとにかく活気があるけれど、東京のような混雑さはなく過ごしやすい。玉石の道から、ゴシック調の協会…それはまるでパリにいるみたい。

そして、何よりも人が優しいんです。ただし、フランス語でしゃべりかけられる可能性もあるので、フランス語の予習をしていくとなおいいかもしれません。そういう意味でも、近場で異国感を味わいたいのなら、モントリオールがオススメです。

05.
カルガリー、アルバータ州(カナダ)

2018年の春旅は、このリストから♡

大自然の中で我を忘れる…そんな春を求めるのならカルガリーへ。

何時間もこもって仕事やら勉強やらしてきたのなら、カルガリーの開放感は絶対に感動するはず。若さ、野心、そして自由を取り戻そう!

大自然の中でアクティブに過ごしたい人には、ぴったり。写真に収めるのには美しすぎるカルガリーで、一度視界を埋めてみてほしい。

この場所で得たエネルギーは、春休み終了後のあなたもポジティブに変えてくれるはず。

07.
ロンドン(イギリス)

2018年の春旅は、このリストから♡

ちょっぴり高いかもしれませんが、最高の景色を求めるのならロンドンがオススメです。帰国後に金欠生活が待っていたとしても、足を踏み入れる価値がある場所といえば、ロンドンだと思います。

ファッションの最先端を行くことで、世界から注目を浴びているのもさることながら、留学生を多く抱えるこの場所は、とっても楽しい夜を過ごすことができる。

ロンドン・アイやダブルデッカーには、やっぱり乗っておきたい。それと公衆電話ボックスの前でポーズするのも忘れずにね。と、観光客染みたことを終えたら、ダイアナ妃記念噴水までお散歩するといいでしょう。そうして旅友と優雅にアフタヌーンティー。

08.
ダブリン(アイルランド)

2018年の春旅は、このリストから♡

五感を刺激してくれるところは、虹を越えた先にあった…。大西洋を渡る場所にある、このバケーションスポット。

どの角にもパブが並ぶダブリンにいたら、もう食べるか飲むしかありませんね。もしラッキーなことに聖パトリックの祝日と春休みがかぶったのなら、地元民と狭〜い道で祝福するのも楽しいでしょう。

自然を求めるのなら、一日かけてモハーの断崖まで行くのもお薦めです。ただし、風がとっても強いので、ブランケット風のスカーフを持参しましょう。

毎年毎年「春はビーチ」じゃつまらない。

今春の行き先は、旅行熱に身を任せて。すると、休み明けには一皮向けたあなたがいるはず。Licensed material used with permission by Elite Daily

関連記事リンク(外部サイト)

【永久保存版】TABI LABOスタッフが選ぶ、絶対に持っていきたい旅グッズ
安く海外旅行をしたい人へ。これが覚えておくべきコツです。
海外旅行に飽きたなら「あの世」に行ってみませんか?

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy