ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ガンズ・アンド・ローゼズが再注目!復活を遂げたバンドの凄い名曲を聴いて魂を燃やせ!

ガンズ・アンド・ローゼズが再注目!復活を遂げたバンドの凄い名曲を聴いて魂を燃やせ!

あの、ガンズ・アンド・ローゼズのアクセル・ローズが、平昌オリンピックの興奮さめやらぬ中、出場選手たちをねぎらうツイートを残したことが話題になっている。

自身の誕生日(2月6日)に寄せられたお祝いメッセージに感謝のツイートを書き込むなど、ここのところアクセル・ローズが元気だ。そもそも、ガンズ・アンド・ローゼズって何?と思っている野郎ども!完全復活を遂げた彼らの音楽をぜひ、聞いて欲しい。

このバンド、1993年(25年前!)からオリジナルメンバーでのライブは開催されていないかった。理由は主にメンバーの不仲。フロントマンのアクセル・ローズとギターのスラッシュを中心に、メディアを通しての悪口合戦が繰り広げられていた。しかし、メンバーは仲直りすると2016年4月から「Not in This Lifetime…」ツアーを開始。このツアーは2018年も継続中で、バンドの地元LAで行われたライブは『BURRN!』2018年2月号でも紹介されるなど、メディアの再注目を集めている。BURRN!(バーン) 2018年2月号
Fujisan.co.jpより

ビルボードの発表によると売上は4億8100ドル(約514億円)にのぼり、ライブツアー興行収入歴代4位を達成し、この記録はまだ伸びるだろう。

彼らのライブを観れば、どれだけモテているバンドか、すぐにわかる。開場の人影はもちろん、歓声も女性の声が多い。かといって、女にこびるようなバンドではない。男が憧れ、女にもモテる。魅力的なロックバンドが、ガンズ・アンド・ローゼズなのだ。

2008年に発売された『チャイニーズ・デモクラシー』は制作期間14年、制作費用1200万ドル(約13億円)、2001年ごろから発売の噂が流れるも結局2008年までファンを待たせるというむちゃくちゃなアルバムだった。それでも、スイスやフィンランドでは最高チャート1位、イギリスでは2位、アメリカや日本では3位とかなり良好なセールス結果をたたき出す。もはや、生きた伝説。

ガンズを知るなら、まずはこれだ!

「Welcome to the Jungle」

言わずとしれた名曲。ガンズの名前を知らなくても、この曲は知っているという人もいるほどの代表曲。デビュー作『Appetite For Destruction』のオープニング曲でもある。バンドがまだ駆け出しのころ、学校の校庭で野宿していると「お前らどこで寝てんだ?ジャングルだぞ!死んじまうぞ!!」と脅されたことに影響を受けて作られた楽曲。デビュー当時の荒っぽい雰囲気があふれている。最近では映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』でこの曲が使われている。Welcome to the Jungle
amazon.co.jpより

騒がしいだけじゃないぞ!

「November Rain」

「この曲のスラッシュのギターソロが最高なんだ」と言うだけでも、ツウっぽい雰囲気を出せる。速弾きはあえて出さず、泣き続けるスラッシュのレスポールサウンドが最高にクール。騒がしいだけのバンドではないのだ。静かにたぎる情熱が、男らしさのギャップを鍛えてくれる。November Rain
amazon.co.jpより

ときには激しく、荒々しく

「You Could Be Mine」

疾走感とピリピリとした緊張した空気、これぞ80年代を生きたロックバンドという感じ(楽曲のリリースは1991年だが)。スタジオ録音されたはずなのに、ライブバージョンのように生々しいサウンド。「ガンズは知ってるけど、ウェルカム・トゥ・ジャングルしかわからない」という人には100回ぐらい聞いて欲しい。ちなみに『ターミネーター2』の主題歌に使用されている。You Could Be Mine
Fujisan.co.jpより

紹介した曲は、歴史に名を残した名曲なので、ぜひ聞いてみてほしい。男くさい選択として、ガンズ・アンド・ローゼズの楽曲に触れてほしい。潤いばかりもとめてないで、音楽で心を燃え上がらせてハードロックを響かせることが大切だろ!

※参照ビルボードの発表によると売上は4億8100ドル

https://www.billboard.com/articles/columns/chart-beat/8092585/guns-n-roses-not-in-this-lifetime-tour-fourth-biggest

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。