ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

山田姉妹、アルバム収録曲「2つで1つ」MV公開

3月7日(水)に日本コロムビアから発売となる、山田姉妹の2ndアルバム『ふたつでひとつ』の収録曲「2つで1つ」MVが公開になった。撮影は都内で行なわれ、自然光を浴びたふたりのナチュラルな表情をとらえた印象的な映像に仕上がっている。「2つで1つ」 のオリジナルを歌うシンガーソングライター・工藤慎太郎は、“初めてこの歌を山田姉妹さんの声で聴いた時、涙があふれて止まりませんでした。ピアノと声だけというシンプルなアレンジは、よりメロディーと歌詞を引き立たせ、息づかいまで緊張感ある楽器の一部に聴こえてきます”と語っている。
山田姉妹 (okmusic UP's)

山田姉妹は、幼い頃から音楽好きの両親の影響で昭和の名曲に親しみ、音楽大学で声楽を学び、オペラの舞台でも活躍。双子ならではのハーモニーを武器に、ジャンルを問わず時代を超えて生き続ける名曲を歌い継ぐ姉妹の歌声は、老若男女問わず大きな反響を呼んでいる。今作には「2つで1つ」のほか、1960年代から2010年代の中で時代を超えて輝き続ける名曲、さらにスペシャルトラックとして、山田華・麗それぞれが書いた詩によるオリジナル曲が収録されている。また、アルバムリリース後にはコンサートのほかにアルバム購入者限定のスペシャルイベントが東京と大阪の2か所で予定されているので、こちらも要チェック!
【工藤慎太郎 コメント】

「2つで1つ」 。初めてこの歌を山田姉妹さんの声で聴いた時、涙があふれて止まりませんでした。まるで自分の中にある冷たい心の氷の部分が、陽だまりの中で溶けてゆくように感じました。ピアノと声だけというシンプルなアレンジは、よりメロディーと歌詞を引き立たせ、息づかいまで緊張感ある楽器の一部に聴こえてきます。自分で作った歌ではありますが、懐かしく、癒され、励まされ、“音楽やってて、本当に良かったなぁ”と改めて思わせていただきました。この歌が 聴く人の“心のふるさと”となり、愛され続けることを願っております。

工藤慎太郎(シンガー・ソングライター)
アルバム『ふたつでひとつ ~心を繋ぐ、歌を継ぐ』
2018年3月7日発売

COCQ-85416/¥3,000+税

<収録曲>

「野に咲く花のように」作詞:杉山政美 作曲:小林亜星

「2つで1つ」作詞・作曲:工藤慎太郎

「どんなときも。」作詞・作曲:槇原敬之

「いのちの歌」作詞:Miyabi 作曲:村松崇継

「少年時代」作詞・作曲:井上陽水

「たしかなこと」作詞・作曲:小田和正

「あの素晴しい愛をもう一度」作詞:北山修 作曲:加藤和彦

「心の瞳」作詞:荒木とよひさ 作曲:三木たかし

「やさしさに包まれたなら」作詞・作曲:荒井由実

「部屋とYシャツと私」作詞・作曲:平松愛理

「涙くんさよなら」作詞・作曲:浜口庫之助

【スペシャルトラック(山田姉妹オリジナル)】

「虹色の空」作詞:山田華 作曲:川﨑龍

「ただいま」作詞:山田麗 作曲:川﨑龍
【イベント情報】
■『ふたつでひとつ 〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』発売記念イベント

3月07日(水) 東京・銀座山野楽器 本店 7F イベントスペース JamSpot ※入場無料

イベント参加方法はこちら

http://columbia.jp/artist-info/yamadashimai/live/58788.html

■『ふたつでひとつ〜心を繋ぐ、歌を継ぐ〜』発売記念スペシャルイベント

7月21日(土) 大阪会場 ※75組150名様ご招待

7月22日(日) 東京会場 ※50組100名様ご招待

<参加方法>

2ndアルバム『ふたつでひとつ 〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』のCDに封入されている応募ハガキに、必要事項をご記入の上、62円切手を貼ってご応募下さい。

※応募締切:6月20日(水)消印有効
 (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。