ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【花粉症最前線2018】今年の花粉はいつからいつまで?傾向と対策を専門医が徹底解説

【花粉症最前線2018】今年の花粉はいつからいつまで?傾向と対策を専門医が徹底解説
2月15日に東京都内でスギ花粉の飛散開始が発表されてからというもの、気温がだんだんと暖かくなるにつれて花粉の飛散量も日に日に増しています。
*1

これからますます勢いを増していきそうなスギ花粉以外にも、ヒノキ花粉など様々な花粉がこれから飛散する見込みです。

毎年のこととはいえ、花粉症にお悩みの皆様にはつらい季節がやってきたといえるのではないでしょうか。

Doctors Meでは2018年花粉症対策特集として、花粉の飛散情報や花粉症の対策など、花粉症にまつわる様々な情報を、アレルギーを専門とする松本先生に解説していただきました。

花粉情報|スギ花粉・ヒノキ花粉はいつから飛ぶ?いつまで続く? 

花粉を撒き散らすヒノキの雄花

2018年のスギ花粉

一般的には
スギ花粉の飛散時期は以下のとおりです。
*2

・東北地区

2月下旬から4月末まで

(ピークは2月下旬から4月中旬まで)

・関東地区

関東地区では花粉の飛散が長く、2月上旬から5月末まで

(ピークは3月中旬から4月末まで)

・関西地区

2月から4月中旬まで

(ピークは2月下旬から3月末まで)

2018年は例年より寒く、スギ花粉は関東以北では3月中旬ごろからピークが始まり、このピークは長くて4月上旬まで続くと考えられています。

昨年は東北・北陸・関東地方はそれほどスギ花粉の飛散量は多くなかったため、特にこれらの地域では昨年と比べて多くの花粉が飛散する状況となる見込みです。

関西以西では3月上旬から3月中旬までがピークと考えられています。

2018年のスギ花粉の飛散量は、全国的にみれば例年並みの見込みです。

2018年のヒノキ花粉

ヒノキ花粉の一般的な飛散時期は以下のとおりです。
*2

・東北地区

3月下旬から5月上旬まで

(ピークは4月中)

・関東地区

3月から5月中旬まで

(ピークは3月中旬から4月末まで)

・関西地区

3月中旬から4月末まで

(ピークは4月上旬から中旬まで)

ヒノキ花粉の飛散は全体的にスギ花粉より遅い傾向にあり、2018年の飛散時期は全国的に4月上~中旬と予想されています。

  

花粉情報|スギ花粉、多くなる要因は?

スギ花粉を撒き散らすスギの雄花

スギは前年の夏に気温が高く、雨が少ない気候であるとよく育ち、翌春に飛散する花粉の量が多くなるといわれています。

また、前年の花粉飛散量が多いと翌年は減少し、少ないと翌年増加する傾向もあります。

花粉の飛散量が多いとどんな影響がある? 

花粉の飛散量が多い年は、飛散開始からすぐに飛んでいる花粉の量が多くなるため、花粉症の症状が悪化しやすい傾向があります。

花粉の飛散量が多いことが見込まれる際には、早めの対策が望ましいでしょう。

花粉情報|今年のスギ花粉の目安! 今年は去年より多い?少ない?

2018年のスギの花粉量の目安となる、2017年10月時点でのスギ雄花の着花量を昨年比・例年比でまとめてみました。
*3

昨年比

スギ雄花の着花量 昨年比

例年比(過去10年間の平均値との比較)

スギ雄花の着花量 例年比

花粉情報|現在の花粉の飛散量は? スギ花粉・ヒノキ花粉の飛散量速報

2018年のスギ花粉・ヒノキ花粉の飛散量を速報値でまとめています。
*4

スギ花粉の飛散量(2月27日現在)

スギ花粉の現在の飛散状況

ヒノキ花粉の飛散量(2月27日現在)

ヒノキ花粉の現在の飛散状況

花粉情報|スギ・ヒノキ以外にはどんな花粉がある?様々な花粉の飛散時期まとめ

おもな花粉の飛散時期カレンダー

スギ、ヒノキ、ハンノキ、シラカバ、イネ科、ブタクサ、ヨモギ、カナムグラ花粉の飛散時期カレンダー
1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy