ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

タタとボーイングの合弁企業がインドでAH-64Eアパッチの胴体を製造開始

タタとボーイングの合弁企業がインドでAH-64Eアパッチの胴体を製造開始

 2018年3月1日(インド時間)、インドのタタとアメリカのボーイングとの合弁企業、タタ・ボーイング・エアロスペースは、インドのハイデラバードにある工場で攻撃ヘリコプターAH-64Eアパッチの胴体製造を開始すると発表しました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 インド中南部、ハイデラバードにあるタタ・ボーイング・エアロスペースの工場は、1万4000平方メートル以上の敷地に350人の従業員が働いており、インドにおける重要な航空機産業拠点です。この発表記者会見に出席したインドの女性大臣、ニルマラ・シタラマン国防相は「タタとボーイングが手に手を取り、この防衛産業における『メイク・イン・インディア』(インドの産業振興におけるスローガン)の大きなステップを上ったことを心より祝福いたします。先進の防衛プラットフォーム製造と、世界的なサプライチェーンの中に参画するということは、インドの航空宇宙産業や地域経済の発展、雇用促進に寄与し、世界の輸出国へとなっていくことでしょう」と祝辞を述べています。

 タタとボーイングの対等な提携のもとに発足したタタ・ボーイング・エアロスペースは、2016年から工場建設を開始し、当初の予定通り完成しました。この工場で製造される最初のAH-64E胴体は、2018年中に出荷予定となっています。

 インド軍も2015年9月に22機のAH-64Eアパッチを発注しており、こちらの機体は2019年に引き渡しが始まる予定。もちろん、インド製の胴体ということになります。

Photo credit:Boeing photo

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

エンブラエルE190-E2がアメリカ、ヨーロッパ、ブラジルの型式証明を取得
仏ダッソー、新型ビジネスジェット「ファルコン6X」発表
イギリス陸軍ロイヤルスコットランド連隊の元マスコット、クルアチャン3世死す

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。