ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

その改札タッチは応援になる。六本木ヒルズでYahoo!と三陸鉄道コラボイベント

その改札タッチは応援になる。六本木ヒルズでYahoo!と三陸鉄道コラボイベント

 東日本大震災からもうすぐ7年。まだまだ被災地は復興の途上であり、いつ終わるかわからない日々が続いています。そんな中、Yahoo! JAPANは毎年3月に東日本大震災復興企画を行なっているのですが、2018年は三陸海岸を走るローカル鉄道、三陸鉄道とコラボしたイベントを3月9日〜11日、六本木ヒルズで開催します。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 東日本大震災で発生した斜面の崩落や津波による被害で、駅舎や橋梁、路盤が流出して全線が不通になった三陸鉄道。しかし地震発生からわずか5日後の3月16日、北リアス線の陸中野田〜久慈で運転を再開しました。わずか2駅分の区間ではありましたが、走りだした列車を見た被災者は、復興へと勇気付けられたといいます。三陸鉄道は復旧区間を走る列車を「震災復興列車」として2011年3月末まで料金無料で運行。震災復興のシンボルとなりました。

 今回Yahoo! JAPANは毎年3月に実施している東日本大震災復興企画として、この三陸鉄道とコラボ。六本木ヒルズ大屋根プラザで「Yahoo!応援改札 #ピッは応援になる」というイベントを開催します。

 会場にはYahoo! JAPANの東日本大震災復興企画のキーメッセージのひとつ「寄付は応援になる。」をリアルに体感できる、自動改札機型の「Yahoo!応援改札」を設置。SuicaやPASMOなどの交通系ICカードをタッチすると100円の寄付ができます。募金箱や街頭での募金は、現金を入れるのがちょっと恥ずかしい、とある種のハードルを感じている方も、比較的抵抗なく募金に参加できる仕組みです。寄付した方には、三陸鉄道公認の特別乗車券をお渡しするとのこと。


 また、改札を通過した先には、精巧に作られた三陸鉄道の車両模型を展示。さらに復興中の“いま”の東北・三陸の景色を三陸鉄道の車窓から撮影した映像を特大モニターで映し出します。知っていますか? 三陸鉄道を走る新しい車両(36-700形)は、震災被害で廃車になってしまった車両の代替として、クウェートからの資金援助で新造されているんですよ。車両の窓下には、アラビア語・日本語・英語でクウェートの支援に感謝するメッセージが記されています。

 今回の「Yahoo!応援改札」について、Yahoo! JAPANからは次のようなステートメントが届いています。

 震災から7年。
 東北の復興は一歩ずつ進んでいます。

 Yahoo!応援改札では、
 ICカードをタッチすると、
 ピッという間に被災地域を応援!

 地震発生からわずか5日間で運行を再開した
 東北の希望のシンボル「三陸鉄道」が
 みんなの想いを乗せて走ります。

 イベントは東京の六本木ヒルズの大屋根プラザで、3月9日〜3月11日に開催されます。初日である3月9日には三陸鉄道の駅員さんが来場する予定です。

「Yahoo!応援改札 #ピッは応援になる」
 開催期間:2018年3月9日(金)〜3月11日(日)
 開催時間:9日のみ10:30〜19:00/10日・11日は11:00〜19:00
 開催場所:六本木ヒルズ 大屋根プラザ(東京都港区六本木6-10-1)

画像提供:Yahoo! JAPAN

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

モテる人に朗報!!モテない人にはどうでもいい情報!!第二ボタン争奪戦に一石を投じる「むげん第⼆ボタン ピンバッジ」登場
オーパーツ?伝説の英雄? 謎の埴輪「両面人物埴輪」が東京国立博物館で期間限定展示!
渡部陽一も思わず早口に!? 初の映像作品は山形の「ものの婦」

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。