ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

頑張りすぎはNG! SNSで可愛くなるテクニックとは

頑張りすぎはNG! SNSで可愛くなるテクニックとは
J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「SUNSTAR PLEASURE PICK UP!」。3月1日(木)のオンエアでは、WEBメディア「LAURIER PRESS(ローリエプレス)」編集長の遠藤優華子さんが登場。「かわいいの作り方」について伺いました。

■「LAURIER PRESS」が大切にしている“かわいい”とは?

遠藤さんが編集長をつとめる「LAURIER PRESS」は、「かわいくてためになる」をコンセプトに、人気インフルエンサーや専門家が教えるファッション、メイク、恋愛などの情報を発信。10代から20代の女子を中心に人気のメディアです。「かわいくてためになる」の“かわいい”とは、一体どういうことなのでしょうか?

遠藤:大事にしていることは「嘘くさくない」ということです。若い子たちはインフルエンサーに憧れていますが、大事なのは頑張りすぎてなくて自然体。作り込みすぎてフォトジェニックとか、インスタ映えを狙いすぎると「嘘っぽい、リアルじゃない」というのが見てる側にも伝わってしまうので。「頑張りすぎてるな」と思われないような、自然なかわいさを教えてあげたいというのがテーマです。

■写真撮影で可愛く写るテクニック

オンエアでは、遠藤さんから「SNSで可愛くなるテクニック」を教えて頂きました。まずは、セルフィーのかわいい撮り方です。

遠藤:斜め上から撮るのは、セルフィーで盛る定番です。あと目線を外す、アイテムを持つ、自分の得意なパーツなどを見切れるように撮るといったテクがあります。みんな斜めの中でも、自分が左ふりか右ふりかなのも知っていて、自分の角度を探すのが得意になっています。あと集合写真にもテクがあります。3人ぐらいで撮るとき、一番かわいく写っても、自分がでしゃばるのはリアルじゃない。スタイルをよく見せたいなら片足を前にさりげなく見せたり、真ん中がいいポジションなんですけど、奪い合うのは難しいので、端になっても片足を前にもってきて立つのを意識すると、スタイルよく存在感をアピールできます。

また写真を撮るとき、ポーズに困った際のアドバイスも教えて頂きました。

遠藤:とりあえずしゃがむのがオススメです。スタイルが悪くみえるんじゃないかと思われがちなんですが、体を横に向けてしゃがむだけで、どこを撮ってもかわいく見えるんです。立って横を向くと不自然ですが、しゃがんで横を向くとかわいく完成しますし、フレアスカートだとふわっと感がかわいかったりするので。男性も彼女を撮るときにリードしたら喜ばれるんじゃないかと思います。

写真撮影の際、今回教えてもらったテクニックを試して自分流の「かわいい」を見つけるのもよいかもしれませんね。3月の木曜日は、5週に渡り遠藤さんに「SNSで可愛くなれる写真のテクニック」を伺っていきます。お楽しみに!

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。