ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ASUS、6インチ18:9スマホ「ZenFone 5 Lite / 5Q(ZC600KL)」を発表

ASUS は 2 月 26 日、ZenFone スマートフォンシリーズの次世代モデルとなる「ZenFone 5 Lite(ZC600KL)」を発表しました。
北米市場では「ZenFone 5Q」として展開されます。
ZenFone 5 Lite は、ZenFone 5 / 5Z と共通のリニューアルしたデザインの筐体に、6 インチ 2,160 x 1,080 ピクセルの Full HD+ 液晶を搭載したフルスクリーン仕様のミッドレンジモデルで、プロセッサには Snapdragon 630 を採用するほか、前後にデュアルカメラを装備しており、端末やカメラのパフォーマンスは実用レベル以上の内容です。
80.3% の高い画面占有率を達成したフルスクリーデザインのため、ZenFone 5 Lite は 6 インチモデルであっても端末の横幅は 76.16mm、筐体の厚みも 7.8mm とスリムです。
質量は 168g となっています。
ZenFone 5 Lite は前後にデュアルカメラを搭載しており自撮りにも優れた性能を発揮する仕様となっています。
フロントのメインカメラは 2,000 万画素の IMX376 イメージセンサーを採用しており、リアのメインカメラは 1,600 万画素となっています。
どちらにも 120 度ワイドアングルの広角レンズが付いており、風景や人物などの広角撮影を楽しめます。
4K 動画の撮影や 3 軸の電子式手ブレ補正にも対応しています。
バッテリー容量は 3,000mAh と 6 インチ端末としては若干少ないような気がします。
USB コネクタは Micro USB です。
他にも指紋リーダーやフェイスアンロック、Android 8.0 Oreo + ZenUI 5.0 を搭載しています。
なお、ZenFone 5 Lite には Snapdragon 630 モデルと Snapdragon 430 モデルが存在しており、SDM630 モデルは 4GB RAM + 32GB / 64GB ROM、SDM430 モデルは 3 / 4GB RAM + 32GB / 64GB ROM というメモリ構成です。
どちらも Micro SD カードやデュアル SIM・デュアルスタンバイをサポートしています。
Source : ASUS

■関連記事
ASUS、ZenFone 5(ZE620KL)とZenFone 5Z(ZS620KL)を発表
AI、コンピュータビジョン、高度なロボット技術を融合させた全く新しいセルフィードローン 「Skydio R1」が米国で発売
XiaomiスマホのChina ROMとGlobal ROMって?どちらを選べば良い?

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。