ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

エンブラエルE190-E2がアメリカ、ヨーロッパ、ブラジルの型式証明を取得

エンブラエルE190-E2がアメリカ、ヨーロッパ、ブラジルの型式証明を取得

 2018年2月28日(現地時間)、ブラジルの航空機メーカー、エンブラエル社は新型ジェット旅客機E190-E2がアメリカ(FAA)、ヨーロッパ(EASA)、ブラジル(ANAC)の各航空当局から型式証明を取得したと発表しました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 エンブラエルE190-E2は、最大114席(3クラスの場合97席)、航続距離5278kmの小型ジェット旅客機。三菱MRJと同じプラット&ホイットニー製ギアードターボファンエンジン、PW1000シリーズを装備しています。2013年に開発がスタートし、各航空当局の型式証明取得に向けての試験飛行は、4機の試作機を使用し並行して進めてきました。

 「2013年の開発開始から予定通り、当初予算通りに今日の型式証明取得を迎え、非常に喜ばしく思っています。そして、我々の開発チームは、また素晴らしい仕事をやってのけてくれました!燃費・飛行性能・騒音・メンテナンスコストにおいて、当初の設計値よりも性能が良かったのです」と、エンブラエル社のパウロ・セザール・デ・ソウザ・エ・シルバCEOは、開発チームをたたえています。

 エンブラエル社の発表によると、この試験飛行の結果、燃費は当初の計画値よりも1.3%よく、騒音も3db低かったとのこと。また、定期整備の間隔も計画値より長くとっても問題ないことが判り、定期整備での経済損失も少なくなると明らかにしています。

 E190-E2は従来のE190シリーズと比べ、75%もの部分を新しくした機体ですが、互換性も考慮されており、パイロットはわずか2日半の機種転換訓練で、E190からE190-E2へ移行できるプログラムも用意されています。これは現在E190を運用している航空会社にとって、大きな魅力となります。

 ブラジル国内をはじめ、アメリカ、ヨーロッパと世界の主要市場における型式証明を取得したことで、開発は最終段階を迎えました。最初の顧客であるノルウェーのヴィデロー航空(スカンジナビア半島最大のリージョナル航空会社)へは2018年4月に引き渡し、そして初便は4月24日のノルウェー国内線、ベルゲン発トロムソ行きWF622便(7:35発〜9:35着)を予定しています。

 Image:EMBRAER

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

仏ダッソー、新型ビジネスジェット「ファルコン6X」発表
イギリス陸軍ロイヤルスコットランド連隊の元マスコット、クルアチャン3世死す
【レッドブル・エアレース】レース機に新しいGPSテレメトリシステムを採用

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。