ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

女性がグッとくる瞬間をまとめたホロ泣きムービー。音楽はCMタイアップ女王、熊木杏里

化粧品のオルビス株式会社は、ブランデッドムービー「U時間(タイム)」シリーズを1つにまとめたミュージックビデオ篇を3月1日から公開しています。

「U時間」シリーズは、オルビスが手がけるスキンケア「オルビスユー」のプロモーション動画。女性が自分らしく生きるためのエールを込めて、同社が提唱しています。

昨年から公開された「U時間」シリーズ。今回のミュージックビデオ篇は、1作目「U時間-夫の優しさ篇-」から6作目「U時間-彼の優しさ篇-」までが集約されています。約2分40秒の中に、6つの優しくてホロ泣きするようなストーリーが詰め込まれているのです。

中でも流れている音楽に注目。これは2001年に日本テレビ系「嗚呼!バラ色の珍生!!」でグランプリを獲得して以来数々のCMソングを歌ってきた、シンガーソングライターでタイアップの女王と呼ばれる熊木杏里さんの書き下ろし。タイトル「心ごと-U時間-」は先月から音楽配信もスタートしています。

細かいことで喧嘩をしてしまう結婚3年目の夫婦。新婚生活で初めて迎えた自分の誕生日に夫が急な出張で1人になってしまった女性。夫との些細な喧嘩で実家に帰省したお母さん。終業間際にミスをして落ち込むビジネスウーマン。開業した自分のお店で業務に追われる花屋の店主。彼女たちの落ち込む心を洗うかのような、熊木さんの透き通った歌声がBGMです。

佐藤藍子や高山都、イラストレーターたなかみさき。豪華なコラボ

ストーリーには佐藤藍子さんや高山都さんなど、豪華な女優陣が参加。佐藤さんは3作目の「U時間-母の優しさ篇-」に出演し、実家に帰省した際、自身が子どもの頃好きだったコーヒー牛乳を冷蔵庫から見つけます。「アンタ好きだったでしょ、買っといたのよー」という母の優しさに触れるシーンはグッときます。

また、6作目「U時間-彼の優しさ篇-」は人気イラストレーター、たなかみさきさんが描いたイラスト動画。温かみのあるタッチで、淡い恋模様を表現しています。

それぞれのステージで奮闘する彼女たちを救ったのは、不器用な夫の優しさや、友人の気遣い、尊敬する母、いつも頑張りを見てくれる上司、ともに働く仲間、自分のことを考えてくれる彼、でした。

そんな瞬間を目の当たりにした彼女たちは「たまにある、こんなトキが好きだったりもする」とつぶやきます。

オムニバス形式の世界観を一貫して支え、圧倒的な存在感を放つBGMの「心ごと-U時間-」。熊木さんは「歌詞の中に『目と目が合ったみたいに ねぇ通じあうこと』というフレーズがあるのですが『そんな瞬間ってあるなぁ、優しいなぁ』という気持ちを表現しています」とコメントを寄せていました。

6つ優しさで紡いだ1つの物語に降りかかる歌。見応え、聴き応え十分のホロ泣きムービーです。


WI?(ワッツ イン)
Fujisan.co.jpより

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。