ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

七色にグラデーションする秘境!南米の「ウマワカ渓谷」は想像以上の美しさだった

七色にグラデーションする秘境!南米の「ウマワカ渓谷」は想像以上の美しさだった

こんにちは。TABIPPOライター、オトナフォトジェンヌほさかまきです。

自然が大好きで、アメリカ横断中に一番感動したのがグランドキャニオンだった私は、アルゼンチンに「南米のグランドキャニオン」と呼ばれる場所があると聞き、さっそく行くことにしました。その名もウマワカ渓谷です。

 

ウマワカ渓谷とは

photo by shutterstock

ウマワカ渓谷はアルゼンチンの北西部に位置し、世界遺産に登録されています。

リオ・グランデ川の浸食によって形成されたこの渓谷は、南北150kmに及び、赤、青、緑といった様々な色の地層が美しいグラデーションを描いています。

 

ウマワカ渓谷の観光方法

photo by ほさかまき

ウマワカ渓谷を観光するには二つの方法があります。

一つ目は、近隣のサルタやフフイからの日帰りツアーに参加する方法です。丸一日がかりのツアーで、ウマワカ渓谷にある町を回りながら、道中の絶景を楽しめます。時間がないけれどもウマワカ渓谷を見てみたい、という方におすすめです。

二つ目は、個人でウマワカ渓谷内の町に泊まり、観光する方法です。ウマワカ渓谷には、プルママルカ、ティルカラ、ウマワカといった町があります。それらの町に自力でバスで行き、宿泊します。

移動中のバスからの景色を楽しむだけでなく、町にある魅力的なスポットを自分のペースで観光できるのがメリットです。

 

プルママルカ

photo by shutterstock

プルママルカはウマワカ渓谷内で一番南に位置し、サルタやフフイといった都市に近いです。フフイからバスで1時間程度で行けるため、時間がないけれどウマワカ渓谷に一泊したい、という方にはおすすめです。標高は約2192mのため、高山病の心配もほとんどありません。

プルママルカは7色の丘と呼ばれる地層が有名です。町からも見えますし、町のすぐ裏手にある1時間ほどのトレッキングコースからはより近くに眺めることができます。

私はバスの中から見ただけですが、おもわず「おぉっ!」と歓声を上げてしまうほどでしたし、乗客がこぞって写真を撮っていました。一見の価値ありです。


関連記事リンク(外部サイト)

地球の裏まで旅をしよう!アルゼンチンの世界遺産全9カ所まとめ
日本にある宿泊できるツリーハウス10選
大塚製薬・ポカリスエットのCMで起用されたスポットまとめ
女子旅で行こう!南米のパリと称されるオシャレな街ブエノスアイレス

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy