ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

非常時の暗闇対策に。なるほど便利な蓄光テープの使い方

非常時の暗闇対策に。なるほど便利な蓄光テープの使い方

 お役立ちライフハックツイートでおなじみの、警視庁警備部災害対策課ツイッターアカウントの投稿した内容が「安心で便利」と話題です。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 今回投稿された内容は、夜間など暗い場所で突然電灯が消えた時などに使えるワザ。
「先日、自宅でブレーカーが落ちた時、妻が『懐中電灯の場所が分からない』と慌てていました。そこで、蓄光テープを懐中電灯やドアノブ、非常用持出袋がある場所等に貼りました。思っていた以上に暗闇の中で光るので、安心したみたいです。簡単にできる防災ですので、ぜひやってみてください。」と、突然の暗闇対策を紹介しています。

先日、自宅でブレーカーが落ちた時、妻が「懐中電灯の場所が分からない」と慌てていました。そこで、蓄光テープを懐中電灯やドアノブ、非常用持出袋がある場所等に貼りました。思っていた以上に暗闇の中で光るので、安心したみたいです。簡単にできる防災ですので、ぜひやってみてください。 pic.twitter.com/Mh6zCSETiZ

— 警視庁警備部災害対策課 (@MPD_bousai) February 28, 2018

 これに対し「なるほど」「これはいい」「真似します!」といった声が続々と上がっているほか、「眼鏡ケースに貼っておきます」といった反応も。確かに、眼鏡がないと生活に支障が出る人の場合は眼鏡ケースの場所すぐに分かる状態にあると随分助かりますよね。

 この蓄光テープを使ったライフハック、少し気にしておきたいポイントがあります。
防災関係の図記号や非常灯などに詳しい株式会社石井マークさんに聞いてみたところ、蓄光素材の明るさではなく「暗い状態となってからどの程度の時間明るさを保つ事ができるか」が大事であるという事です。確かに……折角はっておいても10分や20分で消えたら元も子もないですよね。

 近年、蓄光素材は一昔前より明るく光るものが出てきており、避難誘導時のステッカーに使用されるなど防災にも活用されています。JIS規格でも明るさと光る時間の長さによって区分けされていますが、JIS規格を明示している商品や「〇時間光って見える」と書かれている商品が選択の参考となります。急な停電のみならず、災害時まで考えるとせめて数時間はもつものを選ぶといいようです。

 しかし、いくら良い素材を使っていても光を充分に蓄えていなければ意味のないものとなってしまいます。普段、光が当たりやすい部分へ付けておくことも肝要と言えます。

 スマートフォンのモバイルライトを活用するという手段もありますが、防災の観点からも懐中電灯など非常灯や電灯スイッチ、また段差への蓄光テープの使用は非常に安心の材料となりえます。日頃の備えとして活用していきたいですね。

<参考>
警視庁警備部災害対策課(@MPD_bousai)

<協力>
株式会社石井マーク(@ishiimark_sign)

(梓川みいな)

関連記事リンク(外部サイト)

猫の謎儀式?おねだりのような拝んでいるようなしぐさが可愛すぎて萌えまくり
指先サイズの切り絵に胸キュン!金魚のミニミニ切り絵入りガラスドーム
ユリカモメの衝突事故!えさ場を巡る小競り合い中に発生 「不幸な事故だった…」

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy