ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ベリーグッドマン、アルバム完成&新生活応援ソングのリリックビデオ公開

ベリーグッドマンが前作から約半年という驚異的なスピードで6枚目となるオリジナル・フル・アルバム『SING SING SING 6』を完成させたことがわかった。バレンタインデーに配信されチャートを賑わせている「世界中のどんなラブソングよりも feat. erica」、彼らの真骨頂でもある「ライオン」「ライトスタンド」のスピリットを引継いだ“新生活応援パワーソング”の「Hello」、大切な人への愛を綴った「in what rain」、友人へのメッセージを託した「友達の歌」など、“ベリーグッドマン:イズム”を感じさせてくれる楽曲を多数収録!  初回盤には前作の『SING SING SING 5』での人気曲をアコースティックなアレンジにしてライブ収録されたDVDが付く。
ベリーグッドマン (okmusic UP's)

また、公開されたジャケットには、意味ありげに大小のハンバーガーがデザインされており、初回盤の小さいハンバーガーのデザインには「1作1作重ねて6枚までアルバムを作ってきたが、まだまだ小さい未熟な自分たち。余白の部分がこれからの伸び代」という意味が込められており、また通常盤の大きなハンバーガーには「一口では食べきれない、かぶりつきたくなるサウンド」と、なんともシャレが効いたものとなっている。

そして、アルバム詳細の発表と合わせて今作のリード楽曲となる「Hello」のリリックビデオも公開された。応援ソングに定評のある彼らが贈り出す、新生活応援ソングをいち早くチェックしよう。
【コメント】

■Rover(ベリーグッドマン )

6枚目の『SING SING SING』シリーズのアルバムとして今のベリーグッドマンに何が出来るか。

それを考えた末に出た答えが「直感」でした。

でもそれは「なんでもあり」という事ではなく「縛られた中での自由」みたいな事でもあります。

ベリーグッドマンのカラーが少しずつ深まってきた現在、そのカラーに縛られず、でもベリーグッドマンから滲み出る色を大切にする。そんな感覚で楽曲制作に取り掛かりました。

僕たちの底力を感じてもらえる新鮮味のある一枚になったと思います。

ぜひ聴いてください!

■MOCA(ベリーグッドマン )

『SING SING SING』シリーズの6枚目。

第六感を信じて作りました!

アルバムを通して何かを感じてもらえたら本望です!

リッスン!

■HiDEX(ベリーグッドマン )

今回はいつもよりメンバー3人でよく話し合って作ろうと決めました。

いろんなタイアップ起用をしてもらって感じたことや、反省点もあるので

3人らしい曲を作ろうと思いました。

サウンド面では攻撃的なものや、柔らかいものなど、緩急をつけました。

ベリーグッドマンのノリとか温かみが十分に感じられる作品です。

聴いてもらえたら嬉しいです
アルバム『SING SING SING 6』
2018年4月4日発売

【初回盤】(CD+DVD)

UPCH-7403/¥3,780(税込)

<収録曲>

■CD

1. Intro 〜シックス?〜

2.Hello

3.Musicplication

4.Chill Spot

5.in what rain

6.Sixth Sense

7.世界中のどんなラブソングよりも feat.erica

8.友達の歌

9.Remember

10.とにかくこの瞬間だけは合唱したくて

■DVD

ベリー・アコースティック・ライブ Vol.2

ハイライト・One Love・ずっと・You

【通常盤】(CD)

UPCH-2156/¥2,500(税込)

<収録曲>

1. Intro 〜シックス?〜

2.Hello

3.Musicplication

4.Chill Spot

5.in what rain

6.Sixth Sense

7.世界中のどんなラブソングよりも feat.erica

8.友達の歌

9.Remember

10.とにかくこの瞬間だけは合唱したくて
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy