ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

工作体験ができる「模型ファクトリー」 マリエが興奮したのは…

工作体験ができる「模型ファクトリー」  マリエが興奮したのは…
J-WAVEで放送中の番組「SEASONS」(ナビゲーター:マリエ)のワンコーナー「MITSUI FUDOSAN COME ACROSS TOKYO」。2月24日(土)のオンエアでは、マリエが新宿マルイ アネックス7階「模型ファクトリー」を取材した様子をお届けしました。

「模型というと車や船のイメージ」と言うマリエは、店内にある模型の種類の多さに驚いた様子。現在は、メーカーの「いろんなものを形にしたい」という思いや、ユーザーのリクエストなどにより、昔では考えられなかったような模型もあるそうです。お店がオープンしたのは2009年9月とのことですが、開店当初から通っているお客さんや、しばらく模型から遠ざかっていた“出戻りモデラー”と呼ばれるお客さんも多いとか。

店内には有料アトリエ(工作スペース)が併設されており、その場で模型作りを楽しめるようになっています。貸出しロッカールームもあるので、たとえば、会社帰りに「プラモデルを作りたい! だけど持って帰れない!」という方にありがたい設備です。

また、模型やフィギュアだけではなく、組み立てに必要なさまざまな工具や数え切れないほどの塗料、組み立て方のハウツー本、さらに、模型のあるアニメや映画作品の資料など、模型に関するアイテムが数多く販売されています。

アトリエでは、工具の貸し出しもおこなっています。エアブラシを借りられるということで、さっそくマリエもエアブラシ体験をさせてもらいました。初めてのエアブラシに「おもしろい! ここ通ってしまうかもしれない!」と興奮気味のマリエ。初心者でもスタッフさんが優しくレクチャーしてくれるので安心です。

なかには、販売されている模型に納得できるものがなく、イチから作ってしまう人もいるのだとか。「なければ自分で作ろう。それがモノ作りの原点」、「誰かに頼むより自分で作る」というスタッフさんの名言に、マリエも共感していました。興味のある方はぜひ「模型ファクトリー」に足を運んでみてください。

次回3月3日(土)のオンエアでは、ニューアルバムをリリースしたフランツ・フェルディナンドのフロントマン、アレックスが登場。ファッションスタイルやおしゃれについて伺ったので、お聴き逃しなく!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SEASONS」
放送日時:毎週土曜 12時−15時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/seasons/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。