ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

裸一貫で夢をつかんだ力強い映画! アカデミー賞、おすすめ過去の受賞作

裸一貫で夢をつかんだ力強い映画! アカデミー賞、おすすめ過去の受賞作
J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「Amazon Prime Video ANYTIME, ANYWHERE」。今週は、映画コメンテーターの有村昆さんが「アカデミー賞」の受賞作品から、”今観てほしい過去の受賞作品”をセレクト! 2月28日(水)のオンエアではシルベスター・スタローンの『ロッキー』を紹介しました。

この作品は、第49回アカデミー賞で、作品賞と監督賞を受賞しました。前日の放送で有村さんは、アメリカンニューシネマの代表格となった作品『フレンチ・コネクション』(1972)を紹介しましたが、この作品から5年後に『ロッキー』が公開されました。有村さんによると、この作品は「アメリカの映画史を変えた作品」とのこと。

有村:『フレンチ・コネクション』は、アメリカ政府に対してアメリカンドリームを求められなくなった時代、ベトナム戦争でドロドロになって、アメリカに裏切られた人たちが作った映画です。ところが、『ロッキー』『スター・ウォーズ』『ジョーズ』の3本が出てきます。「体制に関することを、映画で訴えかけるのはやめよう。今一度、アメリカンドリームを信じてみようよ」という意味で作られたのが、この3本の作品なんです。

『ロッキー』のストーリーは、スタローンの半生そのもの。彼はイタリアから出てきて、オーディションを50回ほども受けるも落ち続け、食うや食わずの生活を送っていました。そんな中、テレビで「モハメド・アリ対チャック・ウェプナー」の試合を観戦します。ウェプナーは当時新人で、チャンピオンのアリに負けますが、結果的にウェプナーは名前を上げました。

「これを自分の映画にしたい」と、スタローンは『ロッキー』の脚本を3日で書いてプロデューサーに売り込みます。最初はキャストに有名俳優の名前ばかり挙げられましたが、低予算ということもあり、「僕にやらせてください」と自ら主演を務めました。

有村:一夜にしてアカデミー賞の作品賞と監督賞を獲得したんです。「アメリカって、裸一貫で夢をつかめるんだ! 夢があるな」と感じる、力強い1本です。

とイチオシしてくれました。次回3月1日(木)の放送も、有村昆さんがアカデミー賞の受賞作品から、とっておきの1本を紹介してくれます。どうぞ、お楽しみに!

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy