ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フィフス・ハーモニー、ジャパン・ツアー初日の大阪で最強ダイナマイト・パフォーマンスを披露

フィフス・ハーモニー、ジャパン・ツアー初日の大阪で最強ダイナマイト・パフォーマンスを披露

 米人気No.1ダイナマイト・ガールズ・グループ、フィフス・ハーモニーの初の単独ジャパン・ツアー【PSA TOUR】が初日を迎え、その公演レポートが到着した。

フィフス・ハーモニー ライブ写真(全2枚)

 YouTubeの動画再生回数は驚異の46億回越え! 平均年齢21歳の世界的ガールズ・グループ、フィフス・ハーモニー(5H)が初の単独来日公演となる【PSA TOUR】を昨日2月26日、Zepp Osaka Baysideよりスタートさせた。「オオサカ! 楽しんで! 盛り上がって!」(ダイナ)と冒頭からメガヒット曲「ワース・イット」が披露されると、会場のボルテージは一気に上昇! 思い思いにメンバーの名を呼ぶフロアには女性客も多く、憧れの存在が目の前にいる興奮が伝わってくるようだ。そんな客席に「気分はどう?」(ノーマニ)、「ハロー オオオサカ! PSAツアーにようこそ!」(ローレン)と呼びかけながら、女性プレイヤー3名によるクールなバンド・サウンドを背に、最新アルバム『フィフス・ハーモニー』から余すことなく披露していく。ゴージャスなハーモニー、メンバー全員にショーマンシップが根付いた華のあるパフォーマンス。スクリレックス、プー・ベアー、ドリームラヴなど豪華プロデューサー陣が参加し、メンバーも楽曲制作に深く関わった新作だけに、熱のこもったステージが続く。

 ダイナが時折「アリガトウゴザイマス!」、「ダイスキー!」と日本語で盛り上げ、ここでスペシャル・ゲストの登場!? 男性客をステージに上げ、メンバーが超至近距離で誘惑&歌唱するという何とも贅沢なシーンも。アルバム『フィフス・ハーモニー』からのシングル曲「ダウン」や「ヒー・ライク・ザット」では、ハンズアップで埋め尽くされたフロアに思わずアリーも「アリガトー!」と笑みを隠さない。一転、「ドント・セイ・ユー・ラヴ・ミー」では4人がセットの階段に腰かけ、語りかけるように歌を届ける。代わる代わるメイン・ボーカルがスイッチし、誰もが主役になり、みんなが支え合う極上のボーカルにグッと息を呑む会場。手でハートマークを模した後、「本当にありがとう! 素晴らしかったわ!」とダイナ。待ちに待った大ヒット曲「ワーク・フロム・ホーム」では、ステージと客席が一体となって大合唱! この曲がいかにハーモナイザー=5Hファンに愛されてきたかが分かる絶景が生まれる。

 そして、最後の最後までオーディエンス1人1人に手を伸ばし、愛しげに歌い切った5Hに思いもよらないサプライズが待ち受けていた。客席からメンバーに手渡された手作りのフラッグには、“#PSATourOsaka BRIDGES NOT WALLS すきやねん5H”の文字が! 「ブリッジズ」の歌詞の一節を記した、5Hとハーモナイザーで作り上げた感動のラストシーンが、明日からの東京・豊洲PIT、そして初上陸となる名古屋・Zepp Nagoya公演に想いをつないだ特別な一夜となった。

Text by 奥“ボウイ”昌史
Photos by KAZUKI WATANABE

◎【PSA TOUR】来日公演情報
2018年2月26日(月)大阪 Zepp Osaka Bayside ※終了
2018年2月28日(水) 東京 豊洲PIT
2018年3月1日(木) 東京 豊洲PIT
2018年3月2日(金) 名古屋 Zepp Nagoya

◎リリース情報
アルバム『フィフス・ハーモニー』
2017/9/13 RELEASE
SICP-5605 2,200円(tax out.)

関連記事リンク(外部サイト)

フィフス・ハーモニー、“Spotify Singles”でカルヴィン・ハリスをカヴァー
フィフス・ハーモニー、ピットブルとのコラボ曲のMV公開
5Hノーマニ&カリード、コラボ曲「Love Lies」をバレンタイン・デーに公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy