体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

婚約指輪・結婚指輪の値段やブランド教えて

婚約指輪・結婚指輪の値段やブランド教えて
一昔前までは、婚約指輪は給料の3カ月分で、結婚指輪は有名ブランド店で…といわれていましたが、最近は自分の好みや予算に合ったものを買う人が増えてきました。実際にいくらくらいでどんな指輪を購入しているのか、イマドキのトレンドを探るべく、20〜30代の婚約中または既婚の女性に婚約指輪・結婚指輪について聞いてみました。

 

■婚約指輪の値段は「20万〜30万円」が25%

 

まずは、婚約指輪の値段について聞いてみました。最も多かったのはなんと「婚約指輪は買わなかった・買う予定はない」の27%でした。約4分の1の方は買わないんですね。婚約指輪を購入している人の中で最も高かったのは「20万〜30万円」が25%と、4割ほどの人が30万円以内に収めているようです。

 

<婚約指輪の値段はいくらだった?>

・〜10万円未満(6%)

・10万〜20万円未満(11%)

・20万〜30万円未満(25%)

・30万〜40万円未満(7%)

・40万〜50万円未満(7%)

・50万〜60万円未満(4%)

・60万〜70万円未満(3%)

・70万〜80万円未満(0%)

・80万〜90万円未満(1%)

・90万〜100万円未満(1%)

・100万円以上(2%)

・婚約指輪は買わなかった・買う予定はない(27%)

 

結婚ジャーナリストの粂 美奈子さんによると、婚約指輪の価格は20万〜30万円台が一般的とのこと。かつては給料の3カ月分といわれましたが、現在はだいたい給料の1カ月分くらいが目安になってきているのだとか。

 

「『婚約指輪は買わない』という人は増加傾向にあります。その多くは、婚約指輪は普段着けないのでもったいないと考えているようです。その分、新婚旅行や新生活の費用に回すという人もいます」(粂さん)

 

■婚約指輪の人気ブランド1位はティファニー

 

続いて購入した婚約指輪のブランドを聞いてみたところ、圧倒的に大人気なのは、世界中の女性の憧れブランド、Tiffany & Co.(ティファニー)。少し奮発してプロポーズでティファニーの指輪を贈られたら、絶対嬉しいブランドですよね♪

 

<先輩花嫁の人気ブランドランキングの上位TOP5!>

1位:Tiffany & Co.(ティファニー) 20%

2位:俄(にわか) 8%

3位:4℃ BRIDAL(ヨンドシーブライダル) 7%

3位:I-PRIMO(アイプリモ) 7%

5位:オリジナルでデザインした 6%

 

その他にも、Cartier(カルティエ)、BVLGARI(ブルガリ)、STAR JEWELRY(スタージュエリー)、ガラ、JEWELRY STUDIO Advance(ジュエリースタジオ アドバンス)、ギンザタナカ、ダイヤモンド シライシ、festaria(フェスタリア)、ケイウノ、ロイヤルアッシャーといったブランドが挙げられていました。

 

オリジナルでデザインした方や、義母のダイヤの婚約指輪をリメイクしたという方も!自分だけの婚約指輪というのも素敵ですね。

 

粂さんいわく、婚約指輪のブランドはティファニーが不動の人気だそうです。

 

「ソリティアリングを最も美しく見せるセッティングを生み出したのがティファニー(ティファニー・セッティング)ですから、婚約指輪に憧れを持っている人はティファニーを選ぶのかもしれません。婚約指輪にはダイヤモンドが付き物なので、デザインはもちろんのこと、ダイヤモンドの品質にこだわる人も多いですね。女性がデザイン重視、男性がダイヤモンドの品質重視という感じでしょうか」(粂さん)

 

■婚約指輪は「ふたりで選んで購入する」が46%

 

婚約指輪といえば、プロポーズと一緒に彼から贈られるイメージがありますが、それは単なるイメージで、今も昔もふたりで一緒に選ぶカップルが多いのだそうです。

 

「女性はプロポーズの時に婚約指輪を贈ってほしいと考えるものの、好みではないものを贈られるのは嫌という、相反する感情の間で悩むわけですね。一方、男性もサプライズはしたいものの、彼女の指のサイズや好みが分からずに、ひとりで指輪を買うのは難しいなーと思っているわけです」(粂さん)

 

今回のアンケートでもふたりで選ぶカップルが最も多い結果となりました。既製品ではなくオリジナルの指輪をオーダーメイドするカップルや、デザインはふたりで選びダイヤなどを彼が選んでプレゼントというカップルも見受けられました。

 

<婚約指輪は誰が選んだ?>

・ふたりで選んで買った(46%)

・彼が選んで買った(35%)

・自分が選んで買った(7%)

・その他(オーダーメイドなど)(12%)

 

■婚約指輪を選んだ理由は「彼からのサプライズ」「デザインが気に入ったから」

 

さて、気になるのはやっぱり「どのように婚約指輪を選んでいるのか」ということ。最近の傾向として、結婚後も長く身に着けることができるようなデザインを選ぶ人が増えているのだとか。

 

エンゲージリングの代表的デザインであるソリティアリングは人気がありますね。シンプルなストレートのソリティアより、最近はアームが少しカーブしていたり、1粒だけメレダイヤをあしらったりと、シンプルソリティアを少しだけアレンジしたリングが人気のようです」(粂さん)

 

●「the kiss(〜10万円未満):ハウステンボスに行った時その店があって、サプライズで選んでいいよと言われて決めた」(25歳)

 

●「義母のダイヤの婚約指輪:義母のダイヤの婚約指輪を頂き、私がデザインを選んで作り直しをしてもらいました。義母が私を受け入れてくれた気がして嬉しかった」(25歳)

 

●「Tiffany & Co.(50万〜60万円未満):憧れのブランドだった。指輪を男性にもらうのは初めてだったし、これが最後だと思うので納得のいくものにしたかった」(35歳)

 

●「ケイウノ(20万〜30万円未満):ブランドが強過ぎると自分の人生が支配されるようで嫌だった。家の近くに店があって気になっていたデザインを変更でき、自分だけのものができると思ったから」(31歳)

 

●「Cartier(40万〜50万円未満):彼がクリスマスにプレゼントしてくれました。ブランドはこだわりたかったらしく、ティファニーと迷ってカルティエにしたそうです」(28歳)

 

●「JEWELRY STUDIO Advance(10万〜20万円未満):結婚指輪と重ね付けできる点と、日常的に着けていても邪魔にならないようなデザインを選んだ」(27歳)

1 2次のページ
セキララ★ゼクシィの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。