ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スマホ契約で加入した有料コンテンツを一括解約

スマホ契約で加入した有料コンテンツを一括解約

スマホ契約時に割引の条件として加入した有料コンテンツは、決められた期間が経過したら解約するつもりでいてもつい忘れてしまいがち。しかも、ハッと思い出していざ解約しようとすると、意外に手続きに手間がかかってしまいます。そこで、スマホ契約時に加入した有料コンテンツを一括解約する方法を紹介しましょう。

有料コンテンツを簡単に一括解約

スマホの新規契約や機種変更の際、割引の条件として着うたサービスや占いサイトといった有料コンテンツへの入会を求められることがあります。しかし、これらの解約方法はサービスごとに異なるため、1つ1つ解約するのはかなり面倒です。

このため「1か月だけ」のはずが、すっかり忘れて毎月料金を支払っているケースも多いでしょう。しかしこれらの問題は、キャリアの提供する「有料サイト利用制限」を応用すれば解決。簡単に一括解約が可能です。

ただし、NTTドコモとauはこの方法を使うとほかのコンテンツまで一括解約になるため要注意。SPモードなど必要なサービスは停止後、すぐに利用を再開する必要があります。よく注意してください。

有料コンテンツをすべて解約できる

NTTドコモは「My docomo」から「ドコモオンライン手続き/ご契約内容確認・変更」に進み、「SPモード コンテンツ決済」と「ドコモケータイ払い(電話料金合算払い)」を利用停止に設定。これで有料コンテンツはすべて解約できます。

auは「My au」から「auかんたん決済利用制限」に進み、「すべての利用を制限する」でOKです。ネット上での手続きが面倒な場合は、NTTドコモの場合は「151」、auの場合は「157」から電話での手続きも可能です。

ソフトバンクの場合、残念ながら一括解約は不可能。ただし「マイソフトバンク」から「料金案内」→「ソフトバンクまとめて支払い」に進むと、現在加入中のコンテンツ一覧が表示されます。ここで「登録解除」ボタンを押せばサイトを介さず解約することが可能です。

関連記事リンク(外部サイト)

LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策
「ケルベロス」アプリでスマホを遠隔操作!

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy