ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

3DCG女子高生Sayaはイチから手作り! 制作秘話「渋谷で観察を…」

3DCG女子高生Sayaはイチから手作り! 制作秘話「渋谷で観察を…」
J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「MORNING INSIGHT」。2月27日(火)のオンエアでは、バーチャル女子高生Sayaを開発した石川晃之さん・友香さんによる夫婦3D CGユニット「TELYUKA」が登場。仮想空間でリアルな「ヒト」をつくり出すテクノロジーに迫りました。

バーチャル女子高生Sayaの開発のきっかけは、「10代の不安定なエネルギーと、子どもから大人への移り変わりの美しさを、CGで表現してみたかった」(友香さん)とのこと。そして大きな話題にもなったリアルなCGを生み出したテクノロジーの秘密を訊くと……。

友香:私たちは個人で制作しているので、ハリウッドのような最先端のCGよりは、個人でも手に入るようなツールを使っています。写真などは使わずにイチから手で作っています。
晃之:僕が造形をやり、彼女がテクスチャ、皮膚の質感や髪の毛のスタイリングなどを分担して作っています。
友香:人は肌のどの部分をみて、透明感やきれいな肌と感じるかなど、分解して研究して、「日本人女性の肌の美しさをみせられるようにしたい」というのは苦労したところです。
晃之:解剖学の本も参考にしました。人間は、骨や筋肉、脂肪、血管などさまざまな要素が絡みあって、知れば知るほどすごい複雑にできているんだなと感じました。あとは渋谷に行って実在する女子高生を観察したり。僕がまじまじと見たらあれなんで、サングラスをして……(笑)。

現在、AIが加速動的に進化していますが、「もしSAYAにAIが宿ったら?」など、これから起こりそうなバーチャルヒューマンの未来を予想しました。

友香:「人間を作っているのか?」と言われると、私たちも葛藤があるところで、SayaにはSayaの役割があって、人間とは違うSayaならではの質感やCG、デジタルのよさを活かした形で、形づくられていけばよいと思うんです。それが人とは違う役割を持って、人をフォローしていく……。
晃之:まだまだ「AIを載せたらどうなるか」など、実際に足りてない要素がいっぱいあって。人間は考えて自発的に行動しますが、Sayaは「何を考えてるんだろう?」「どういう動きをするんだろう?」っていうところは、ビジュアルでは完成してますが、実際に稼働しているわけではないので、自分たちも作っている上でそこに違和感を感じますし、それを日々改良していくのは永遠に続くのかなと思っています。

3月にアメリカで開催される「SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)」にはSayaも登場します。Sayaとコミュニケーションできるようになり、言語を発しないノンバーバルコミニケーションで、相手の表情を読み取り、Sayaが考え反応するという、これからの第一歩となる展示になるそうです! Sayaの今後の進化にも、さらに注目ですね。

さて、次回28日(水)の「MORNING INSIGHT」は、次世代教育のキーワード「STEM教育」に注目し、「子どもと大人の学習・教育」について考えます。どうぞお聴き逃しなく!

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。