ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ケンドリック・ラマー、『ブラックパンサー』の続編に悪役で出演希望?

ケンドリック・ラマー、『ブラックパンサー』の続編に悪役で出演希望?

 2018年2月22日にBBC Radio 1とのインタビューに応じたケンドリック・ラマーが、映画『ブラックパンサー』の続編に出演したいと話した。しかもカメオ出演ではなく、マイケル・B・ジョーダン演じるエリック・キルモンガー並の超悪役を演じたいそうだ。

 ラマーによると、キルモンガーは“愛され、誤解されている”とのことで、もし選べるならその方向で行きたいと語っている。

 映画にインスパイアされた『ブラックパンサー:ザ・アルバム』には、自身の<トップ・ドッグ・エンターテインメント>レーベル仲間であるシザ、スクールボーイQ、ジェイ・ロックが起用され、人気急上昇中のベイエリア・ラップ・グループ、SOB X RBEも参加している。同アルバムは2月24日付の米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”で初登場1位に輝いた。

 日本での公開は3月からだが、全米ではすでに大ヒット中の『ブラックパンサー』は公開2週目の興行収入も1億ドル(約107億円)を突破。2週目週末の最高額としては『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に次いで歴代2位となっている。2月25日の時点で興行収入の総額が全米で4億ドル、全世界で7億ドルを突破している。

◎インタビュー映像(続編出演については8分30秒ぐらいから)
https://youtu.be/Hi1wCzOUlBg

関連記事リンク(外部サイト)

ケンドリック・ラマー&シザ、「オール・ザ・スターズ」のMVを巡り訴訟を起こされる
ケンドリック・ラマー、ライブでスマホ撮影禁止の報道を代理人が否定
ケンドリック・ラマーがプロデュース! ヒップホップ・ファン垂涎の傑作揃いな『ブラックパンサー:ザ・アルバム』(Album Review)

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。