ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドバイのハイパーループで使用する10人乗りのデラックス空間が公開される

超高速輸送システム「ハイパーループ」の開発を進めるVirgin Hyperloop Oneは、建設を予定するアラブ首長国連邦・ドバイ−アブダビ間で使用するポッドのプロトタイプを公開した。

同ルートの所要時間は12分間という短さだが、革張りのシートに高解像度スクリーン、落ち着いたインテリアと快適な旅を演出しそうだ。

・飛行機のファーストクラス?

客輸送に使うポッドのプロトタイプは10人乗り。スペース的にゆったりとした座席配置となっていて、航空機のファーストクラスのようなデラックス感が漂う。

トンネル内を走行することから、ポッドは全体的に丸みを帯びていて、窓はない。

・1時間に1万人輸送

ハイパーループは時速1200キロ超のスピードで、真空のトンネル内を駆け抜ける。ドバイ−アブダビ間は車で1時間半かかるが、これをものの12分に大幅短縮する。

早ければ2020年にも運行を開始する計画で、1時間に1万人の輸送を想定しているとのこと。

一方で、ドバイと首都リヤドをハイパーループで結ぶ構想もあり、こちらは飛行機で2時間半かかるところ、ハイパーループだと50分以下になるという。

ドバイでは空飛ぶタクシーの導入も着々と進められていて、空と地中を活用した超最先端の交通体系が築かれつつある。

Hyperloop One/Twitter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。