体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

生活家電、買うべきか? 買わざるべきか? 新生活を始めるコストを比べてみた

生活家電って買うべき? 洗濯、料理、掃除における安上がりな方法とは

新生活を始めるコストとして多くを占めるのが生活家電の購入費。いっそ家電を買わずに、もっと安いモノで代用する方法はないのだろうか? 

そこで今回は、洗濯機、掃除機などの定番生活家電を買わずに別の物やサービスで代用する方法と、その“コスパ”を徹底比較。初期費用を抑えてお得に新生活を始めるヒントとして活用してもらいたい。
とにかく安く新生活を始めたい! そう思ったら生活家電の必要性を見直そう

とにかく安く新生活を始めたい! そう思ったら生活家電の必要性を見直そう生活家電「買う」or「買わない」ボーダーラインはどこ!?

お気に入りの部屋を見つけたら、いよいよ新生活のスタート! そこで必要になってくるのが家電製品だ。

特に初めての一人暮らしでは、洗濯機に電子レンジ、炊飯器……といろいろ買いそろえたくなるはず。全部買うと、それだけでもかなりの出費になってしまう。なんとかしてコストを抑える方法はないものだろうか。

そこで、ふと思い浮かんだのが、そもそも家電製品を「買わない」という選択肢。洗濯機を買わずにコインランドリーでまかなう、掃除機を買わずにフロアワイパーで代用する、炊飯器を買わずに土鍋で米を炊く……といった具合に、家電なしで生活することができれば、新生活を始めるにあたっての初期コストを大幅に抑えることができそうだ。

今回は料理・洗濯・掃除の3つのシーンで使う家電について、「買う」or「買わない」のボーダーラインを徹底調査! 初期費用と2年分のランニングコストを割り出し、検証してみた。洗濯編コインランドリー VS 洗濯機コインランドリー VS 洗濯機 どちらが安上がり?

コインランドリー VS 洗濯機 どちらが安上がり?2年以上使うなら洗濯機に軍配!

共働き世帯の増加などを受け、都市部のコインランドリーの店舗数は急増中。サービス内容も一昔前より進化しているという。日々の洗濯をコインランドリーで済ませた場合、自宅で洗濯する場合とどちらがお得なのだろうか。

今回は、一人暮らしで週に2回洗濯する場合を仮定。コインランドリーの利用料を300円、洗濯機は購入費用としての5万円に日々の使用にあたっての電気代などのランニングコストを加えて試算。

すると22ヵ月目で洗濯機を超えてしまう計算に。2年以上使うなら、費用面では洗濯機を購入した方が安上がりといえそうだ。
22ヵ月以上使うのであれば、コインランドリーよりも洗濯機を購入したほうが得ということがわかった

22ヵ月以上使うのであれば、コインランドリーよりも洗濯機を購入したほうが得ということがわかった

条件
□ 一人暮らし
□ 週に2回使用する

コインランドリー
・利用料金 300円/回

洗濯機
・購入費用 50,000円 ※一人暮らし用容量60Lのもの
・水道代 11.7円/回 ※2回すすぎを行い、92L使用
・電気代 0.9円/回 ※59Whで35分間運転
・洗剤 16.6円/回 ※900円/1,300gのお徳用液体洗剤を24gずつ使用除湿器 VS 浴室乾燥機除湿器 VS 浴室乾燥機 どちらが安上がり?

除湿器 VS 浴室乾燥機 どちらが安上がり?浴室乾燥機の電気代は高め……。TPOに合わせて活用を

物件についているとうれしい浴室乾燥機。雨の日も居室に湿ったものを干す必要がないのが魅力だが、電気代が高いという噂も……。むしろ除湿機を購入してしまった方が、結果的に安上がりかも?ということで調べてみた。

浴室乾燥機(電気式)の消費電力は1,180W、1時間あたりの電気代は約60円。週に2回、2時間使用すると、電気代はなんと年間6,000円にもなる。とはいえ、2年間では除湿機の購入費用までは及ばない計算となった。
2年間では除湿器購入費を取り返せないという結果に

2年間では除湿器購入費を取り返せないという結果に

条件
□ 一人暮らし
□ 週に2回2時間使用する

除湿器
・購入費用 20,000円
・電気代 20円/時間 ※消費電力385W

浴室乾燥機
・購入費用 0円 ※元から物件に備付けの想定
・電気代 60円/時間 ※消費電力1,180W料理編炊飯器 VS 土鍋+ガスコンロ炊飯器 VS 土鍋+ガスコンロ どちらが安上がり?

炊飯器 VS 土鍋+ガスコンロ どちらが安上がり?2年間では土鍋に軍配も長い目で見れば炊飯器が得?

基本的には、お米を炊くのにしか使わない炊飯器。わざわざ購入しなくても、他の方法で代用できるのではないか。そこで、今回はガスコンロを使って土鍋でお米を炊いた場合のコストを調査。炊飯器の場合と比較した。

日々の光熱費については炊飯器の圧勝! ただ、2年間では初期費用の差は埋まらず、土鍋に軍配があがる結果となった。ちなみに、今回の条件だと5年以上使えば炊飯器の方がお得になる計算。使用頻度によって検討を。
2年間では炊飯器よりも土鍋のほうがお得。しかし炊飯器の光熱費は年間わずか450円と格安!

1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。