ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

猫好きは必見! 猪熊弦一郎の展覧会「猫たち」注目ポイント

猫好きは必見! 猪熊弦一郎の展覧会「猫たち」注目ポイント
J-WAVEで放送中の番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)のワンコーナー「MORI BUILDING TOKYO PASSPORT」。2月22 日(木)が「猫の日」だったということで、オンエアでは猫にちなんだ展覧会を紹介しました。

■猪熊弦一郎展「猫たち」が3月20日からスタート

Bunkamura ザ・ミュージアムでは、3月20日(火)から、猪熊弦一郎展「猫たち」がスタートします。猪熊弦一郎は1902年に生まれ、昭和画壇を牽引してきた画家の一人です。画家としての生活をスタートしたあとフランスに渡り、アンリ・マティスのもとで学んだのち、その後は20年以上、ニューヨークで暮らしました。

個性的な画風の猪熊。猫をたくさん描いていますが、もともと猫を好きだったのは奥様なのだそう。彼女の影響で自身も猫を好きになり、描くようになったそうです。

Bunkamuraの学芸員によると、「飼っていた猫は品種のしっかりしたものではなく、捨てられていたり、もらってきた猫が多かったそうです。同時に1ダース飼っていた、なんてのはよく言われている話」とのこと。

また、「猪熊弦一郎の家に行くと動物園の匂いがした」というのは有名な逸話。猫たちが家のあちこちにマーキングをしても、猪熊夫婦は気にしていなかったのだとか。ある時、寝ているお客様の顔におしっこをかけてしまい、それ以降対処するようになったそうです。

猫の日常を描き続けた猪熊弦一郎。猫を飼っている人ならわかる仕草をとらえた作品も数多く展示される予定とのこと。ぜひ、猫を観察するようにじっくり楽しんでくださいね。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy