ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Crystal Kay「たくさんの元気とパワーを届けたい!」ベガルタ仙台開幕戦にて国歌斉唱・復興ライブ

Crystal Kay「たくさんの元気とパワーを届けたい!」ベガルタ仙台開幕戦にて国歌斉唱・復興ライブ

 Crystal Kayが25日、宮城県ユアテックスタジアム仙台で行われた<2018明治安田生命J1リーグ>のベガルタ仙台シーズン・ホーム開幕戦で、復興ライブと国歌斉唱、そしてハーフタイムショーに出演し、会場を盛り上げた。

Crystal Kay ライブ写真(全2枚)

 「仙台の皆さん、そして選手の方々に歌を通して、たくさんの元気とパワーをスタジアム全体に届けたい!」と復興ライブのスペシャルゲストとして臨んだCrystal Kayは、「恋におちたら」「Boyfriend -part?-」の2曲を熱唱し、ベガルタ仙台、柏レイソルの熱狂的なサポーターらをひとつにした。さらに自身が所属するLDH JAPAN株式会社が展開するダンス・ボーカル・アクトスクール<EXPG STUDIO SENDAI>の生徒たちもサポートダンサーとして登場し、一緒に復興ライブを盛り上げた。

 ベガルタ仙台復興ライブは、試合や音楽を通じて、東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県内の皆さんに、「少しでも元気になってもらいたい」という主催者の想いから2015年に始まったプロジェクト。試合直前に興奮で包まれたスタジアムの中、Crystal Kayはピッチ上に整列した選手らと並び、国歌を斉唱した。大勢の観客を前に「君が代」を歌い終え「スタジアム全体が一つになっていて、とても心に響きました。」と振り返った。

 ハーフタイムでは、白いドレス衣装に着替えたCrystal Kayが再登場し、白のトーンで衣装を合わせた男女30名のEXPG STUDIO SENDAIの生徒らと一緒に「REVOLUTION」を披露した。アップテンポなリズムで、ベガルタゴールド一色に包まれた観客を巻き込み、「続きの試合も頑張ってください!」と、後半戦を控えた選手らにエールを送ってイベントを締めくくった。

 全てのパフォーマンスを終えたCrystal Kayは、「今回はEXPG STUDIO SENDAIの生徒さんが駆けつけてくれて、最高なパフォーマンスで一緒に会場を盛り上げてくれた」と振り返り、「いつもよりパワー倍増でとても楽しかったです!」と余韻をかみしめながら語った。続けて生徒達も「プロのアーティストの凄さを改めて実感しました!」と感銘を受け、「本番前はとても緊張していましたが、Crystal Kayさんがたくさん話しかけてくださったので、リラックスしてとても楽しくパフォーマンスすることができました。」と興奮冷めやらぬ様子で口々に語った。

◎イベント情報
【明治安田生命J1リーグ 第1節】
2018年2月25日(日)
宮城・ユアテックスタジアム仙台

関連記事リンク(外部サイト)

三代目JSB今市「(Crystal Kayは)シンプルにすごい」 ベッキー「(JAY’EDは)大和撫子のような方」 dTV×FOD『LOVE or NOT♪』第8回の配信開始
Crystal Kay、12月に東阪ビルボードライブでのクリスマスライブが決定
Crystal Kay「忘れられないスペシャルな夜にします!」、ビルボードライブ初単独公演をレポート

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy