ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

南房総の新鮮な海の幸の数々

2月23日放送の「よじごじDays」(テレビ東京系、午後15時40分~)では、千葉南房総の館山にて春を先取りできる絶景と海の幸を探す旅の中で「漁港食堂・だいぼ」(千葉県館山市)が紹介された。

散歩しながら南房総の海を眺めて堪能した2人は、今度は海の幸を食べようと店に向かった。訪れた先は、定置網漁を行う水産会社が直営している海鮮料理中心の食事処だ。
店内に入ってすぐの場所に大きな写真付きでオススメの限定メニュー「定置網丼」(1,706円/税込み)が紹介されていた。こちらはカツオに鯛にむつ、カンパチに鯵のたたきとしめさば、たかべ、めじなといった朝獲れたばかりの新鮮な海の幸を食べられる贅沢な海鮮丼だ。

ここで舟山久美子さんと男性タレントさんが交渉開始。館山の春を感じられるものを探していると話すと、店員さんが「(春を感じられる海の幸なら)あります!」と応えてくれた。すると2人は何故か店の外に連れ出され、そこでピチピチと元気に動くアオリイカを発見。自力で網を使って水槽から取り出したイカを捌いてもらう事となった。寒い時期は深い場所で暮らしているが海水の温度が上昇すると産卵のために浅場にやってくるという、まさに春の訪れを感じられる味覚であるアオリイカは甘みが強いイカとしても知られている。完成した「アオリイカの活き造り」(4,320円/税込み)を実食した2人は「う~ん、おいしい!捌いたばっかりだから一番いい状態だよね。旨味がスゴイ!おいしい!」「うん!歯応えがある!」とリポート。

さらに2人は店員さんからの提案でアオリイカの足の部分と肝、えんぺら(耳)の部分を天ぷらとして調理してもらう事に。イカの肝の天ぷらは初めて食べるという舟山さんは「(肝が)濃厚!すごい!うーん、イカの肝の弾力と、とろみがスゴ~イ!」と語り、男性タレントも「ほんと館山の春ですよ、まさに!」と絶賛した。

ちなみにアオリイカは季節ネタのため活き造りのお値段は日によって異なる(時価)ので注意していただきたい。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:漁港食堂 だいぼ(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:館山のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:館山×和食のお店一覧
漬け白菜と豚バラ肉を特製ダレで味わう「白菜と豚バラ肉の鍋」
牡蠣の旨味が詰まった「干し牡蠣のオイスターソース煮」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy