ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

濃厚からさっぱりまで「焦がしねぎ・ひつまぶし」

2月24日放送の「にじいろジーン」(フジテレビ系、午前08時30分~)では、嫁姑がプロの手でオシャレに大変身するコーナーで、「観光荘・岡谷本店」(長野県岡谷市)が紹介された。

同店は地元客・観光客共に人気のお店で、古民家風の建物でうなぎが頂ける。

厳選した肉厚のうなぎは仕入れてから地下50メートルから汲み上げた水に打たせて臭みを抜き、蒸さずに炭火でじっくり下焼きする。皮はパリッと身はふっくらした食感に仕上げ、創業から継ぎ足した秘伝のタレにつける。

店のオリジナルメニューだという「焦がしねぎ・ひつまぶし」(2,980円)は、カリカリになるまで低温で揚げた玉ねぎとたれをご飯にかけ、細かく切ったうなぎを載せて完成。「うなぎの肝吸い」(108円)と一緒に頂く。
店を訪れたはるな愛さんは、まず取り分けたそのままの一口目に「んー!美味しい!カリッカリ、なかふうわ、本当に臭みが無くて、身が甘いですね、秘伝のタレが甘めで。これがまたご飯が進むんですよ」とコメント。
さらにだし汁をかけ、お茶漬け風にした、違った味わいのひつまぶしも楽しむ。「おいしい、おいしいあったまるし。おだしがまたさっぱりと、濃厚なタレの味からサラッと頂けるのに変わるってね」と料理を満喫した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:観光荘(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:岡谷・諏訪・茅野のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:岡谷・諏訪・茅野×和食のお店一覧
漬け白菜と豚バラ肉を特製ダレで味わう「白菜と豚バラ肉の鍋」
牡蠣の旨味が詰まった「干し牡蠣のオイスターソース煮」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy