体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

渡部陽一も思わず早口に!? 初の映像作品は山形の「ものの婦」

渡部陽一も思わず早口に!? 初の映像作品は山形の「ものの婦」

 戦場カメラマンの渡部陽一さんが初の映像作品を監督。山形県のものづくりを支える女性たちを追った動画「ものの婦」が、2018年2月26日に公開されました。普段ゆっくりと噛みしめるように話す渡部さんが、撮影中に思わず早口になってしまったという、その内容。

【さらに詳しい元の記事はこちら】


 山形県のものづくりを追う動画を撮影することになった渡部陽一さん。いわゆるスチール撮影では豊富な経験を持つ渡部さんですが、動画(ムービー)の撮影はこれが初めて。撮影用のリグなど、初めて見る撮影機材ばかりで、まず使い方などを教わったそうです。

 スチール写真と映画を両方手がけた人物もいますが、基本的には違う方法論で撮影されることが多く、なかなか難しいものです。渡部さんによると、普段の写真撮影では「一撮入魂」といった感じだそうですが、今回の映像作品については「相手の方の声だけでなく、振る舞いの動きのシルエットであったり、周りの気配だったり、色の変化であったりを捉えることができる」という違いを魅力として感じたそうです。

 撮影では、ものづくりの現場で日々情熱を持ち、ひたむきに戦い続ける女性職人を現代社会における「武士(もののふ)」と捉えて、そのようなコンセプトで渡部さんは臨んだそうです。ものづくりの「もの」ともかかってるような気がしますね。

 今回の撮影で訪ねたのは、杜氏の夫と完全手作りの酒造りに励む女性や、生まれも育ちも東京でありながら、強い信念のもとアポなしで弟子入りを志願し、剪定鋏職人の道を歩み始めた女性、現役最年長の段通職人の女性、そしてブランドのハイエンドモデルを製造する時計工場で、最難関の技能検定をクリアしたマイスターの女性など。いずれも道を極めたり、極めようとする人々です。


 戦場でも「ひと」に迫る撮影手法で知られる渡部さん。同じように、ものづくりに取り組む山形の女性たちの表情や、ものを生み出すその手に注目して迫っていきます。確かに、真剣に仕事に臨むその表情は「もののふ」のよう。さすがに被写体の女性たちは、あまりにグイグイ接近してくるので最初は面食らったそうですが、渡部さんの「おぉ、素敵です」「笑顔がバッチリ撮れました」などといった柔らかい言葉で、徐々に緊張がほぐれていったそうですよ。


 そしてスタッフに撮影の指示を出す渡部さん、いつもの噛みしめるようなゆっくりした口調ではなく、キビキビと早口になっています。被写体となった「ものの婦」の女性たちの空気に影響されていったんでしょうか。早口になったとはいえ、柔らかな口調は変わらず、周りの人に対する気配りも変わりません。その辺りは、やはり性格なんでしょうね。

 BGMは、山形を代表する民謡「花笠音頭」のクラシックアレンジ。ピアノとチェロが響き合う、温もりのある曲調です。青い段通にタイトルが浮かび上がるカットは、往年の「新日本紀行」を思い出させます。このタイトル文字やナレーションも渡部陽一さんによるものです。

 制作を終えた渡部さんインタビュー

 ――山形 の「ものの婦」を実際に撮影して、どんなことが印象に残っていますか?

「一番は目の動きですね。最初、カメラを脇に置いて話し出すと、優しいお母さんの目になるんです。でも、いざカメラを回し出すと、職人さんの目になる。僕は個人的に接近型の撮影が好きなんですけど、目を撮影する中で気付いたのは、一点に集中しつつも、わずか1センチぐらいの瞳の中で、カチャカチャ細かくフォーカスが動いているんですよ。その目の動きに、どの職人さんのお話の中でも出ていた、山形の『ものの婦』がその地で継承してきた、作ったものを使う人への“気配り”というキーワードが現れている気がしました」

――「ものの婦」をインタビューするシーンは、どんな思いで臨みましたか?

「職人さんを何よりもリスペクトするのは、毎日コツコツ何十年もかけて磨き続けた技を、そこに根付かせていくことなんですね。そういう自分が決断した道をぶれずに極めていく気持ちというものは、一体どこから生まれてきて、今も整え、保っているのか。継続の力、不動の力を知りたいと、職種を問わず感じていました。お話する中で、山形の『ものの婦』は厳しさもあり、職人として向き合って行く考え方も根付いていると感じましたが、特に印象に残っているのは、私はモノを作りたかった、という非常にシンプルな言葉です。モノを作りたいから、私 ここで暮らして、家族の時間を大切にしていると。僕だけでなく、日本のどの地域の方も、日常の中で本当に大切なことってなんだろう、大切にしたいと思っていることってなんだろうって考えることがあると思います。そんな不安を取り払い、温かい期待を抱かせる魅力が、山形にはたくさんあると感じました」

 戦場で様々な人を見つめてきた渡部陽一さんの目が、山形で何を捉えたのか。そこに注目すると、この動画「ものの婦」は、非常に興味深いものになると思います。

 画像提供:山形県

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

案内役は「真面目な」関智一 古代オリエント博物館で「家でも聞ける」音声ガイドがスタート
日本一高いビルの最頂端部を歩くアトラクション あべのハルカスにオープン!
「ロボット は なかまを よんだ!」ボストン・ダイナミクスの新ロボット動画は連携プレイ

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。