ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

非日常体験ができちゃう♩ニューヨークにできたスパイ気分が味わえる博物館が楽しそう!

非日常体験ができちゃう♩ニューヨークにできたスパイ気分が味わえる博物館が楽しそう!

スリリングな展開にドキドキし、手に汗握るスパイ映画。

あまりのかっこよさに「ちょっとだけならスパイの体験をしてみたい!」なんて、思ってしまうこともありますよね♪

実際のスパイスキルを体験できる博物館が、米・ニューヨークに登場しました!

スパイ気分を味わえる「体験型博物館」

スパイの歴史やスキルをインタラクティブに楽しめる博物館「SPYSCAPE(スパイスケープ)。

 

@spyscapeがシェアした投稿 – 2月 16, 2018 at 8:01午前 PST

マンハッタンのミッドタウンに位置する近代的な博物館には、スパイに関する7つの異なるテーマのパビリオンが用意されているとのこと。

7つのパビリオンでスパイスキルを磨く

展示型のパビリオンでは、第二次世界大戦の暗号解読者や冷戦時代のスパイパイロット、FBI史上最も損害を与えた裏切り者など、様々なスパイたちの興味深い物語や秘密がずらりと展示されているのだそう。

非日常体験ができちゃう♩ニューヨークにできたスパイ気分が味わえる博物館が楽しそう!
@spyscape/Instagram

体験型パビリオンには「Interrogation booths(尋問ブース)」で嘘を発見したり、観察力をテストする「Surveillance missions(監視ミッション)」とか、

 

AIANY Center for Architectureさん(@centerforarch)がシェアした投稿 – 10月 26, 2017 at 2:24午後 PDT

光色レーザーが飛び交うトンネルでの敏捷性試験に挑戦するなど、リアルなスパイさながらの任務にチャレンジできちゃうのです!

非日常体験ができちゃう♩ニューヨークにできたスパイ気分が味わえる博物館が楽しそう!
@spyscape/Instagram

また、本物スパイたちが使っているプロファイリングシステムも体験できるのだとか。

非日常体験ができちゃう♩ニューヨークにできたスパイ気分が味わえる博物館が楽しそう!
@spyscape/Instagram

「スパイスケープ」の公式ウェブページでは、事前にチケットを購入することができます。

 

@spyscapeがシェアした投稿 – 2月 21, 2018 at 9:30午前 PST

ニューヨークに旅行する機会がある方は、ぜひ公式ウェブページをチェックしてくださいね♪

SPYSCAPE

https://spyscape.com/

Instagram (spyscape)

https://www.instagram.com/spyscape/

生活・趣味
ISUTAの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy