ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

超簡単メッシーバン&編み込みMIXのお団子ハーフアップでルーズを楽しむ

休日はゆるくいこう。ルーズなメッシーバンヘアで程よくオシャレ

メッシーバンって知っていますか?
メッシーバンとは、ほぐした感じのお団子ヘアのこと。ルーズな質感が出せることから、注目されているアレンジなんです。
そこで今回紹介するのが、メッシーバンと編み込みを組み合わせたヘアアレンジ。お団子アップはアクティブなシーンと相性のよい組み合わせ。休日のレジャーやお出掛けに、こなれた雰囲気のヘアスタイルを取り入れて注目されちゃいましょう。

ゆるふわメッシーバンを取り入れたハーフアップの作り方

① 髪に動きを出すため、ストレートアイロンを使って、ゆるい波ウェーブを全体に作ります。仕上がりがゆるく見えるようにイメージして、32ミリのコテで柔らかいウェーブに巻いてもいいです。

② トップからハチ周り下までをひとつに結び、毛先を半分に折り曲げてメッシーバンをミドル(ハチの高さ)に作りヘアゴムで留めます。TOPを指で引き出しながら、髪にボリュームと動きを付けていきます。まとめた後に余った毛先はランダムに散らして無造作にします。

③ 顔周りの髪を残し、サイドの髪を裏編み込みします。毛先をゴムで留めたら編み目を無造作にほぐし、立体感を出します。逆サイドも同じように裏編み込みをして、編み目をほぐします。

④ サイドの裏編み込みを、メッシーバンの結び目を隠すように巻き付けていき、根元にアメピンを刺して固定します。両サイドの編み込みを巻き付け、アメピンで固定してください。

⑤ 全体のバランスを整えます。ベースで作ったゆるい波ウェーブを生かす感じで、顔回りや、襟足の髪を引き出し、ヘアワックスを付けて完成です。

下ろした部分を編み込みシニヨンにするとスッキリします

写真のような癖の付きにくい直毛の方は、事前のコテ巻きが重要です。
今回はハーフアップにしましたが、首元をスッキリさせたい方は、下ろしている部分も編み込みにしたり、シニヨンでアップにしても良いですよ。

美容師/井本敏洋(エイブルビヨウシツ)

AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。